2004.11.29

抗生物質適正使用キャンペーンでベルギーの国内販売量3〜7%減少を実現

 ウイルス性疾患が大半を占めるインフルエンザ様疾患に対して多くの医師が「念のため」「患者が投薬を希望するから」などの理由で抗生物質を処方している。ベルギーでは2000-2001年と2001-2002年の2シーズンにわたって抗生物質の過剰使用と誤使用を防ぐ一大キャンペーンを実施した結果、期間中の抗生物質の販売量が3.4〜6.5%減少した。米国医師会のJournal of American Medical Association誌2004年11月24日号で、ベルギーFederal Public Service for Health Security of the Food Chain and EnvironmentのIsabelle Bauraind氏がリサーチレターとして報告した。

 ベルギーでは、2000-2001年と2001-2002年シーズンの2回、12〜2月の3カ月間に抗生物質についてのキャンペーンを実施、冊子やポスター、ゴールデンタイムのテレビのスポットCM、インターネットなどを通じて啓蒙活動を展開した。その結果、インフルエンザ様疾患の流行状況で調整した抗生物質の販売量は2000-2001年シーズンには6.5%(P<0.05)、2001-2002年シーズンについては3.4%(N.S.)減少した。

 日本でも、小児科関連学会などで、小児科医が抗生物質の使用低減に努めたところ、その地域における耐性菌の比率が顕著に減少したという報告がある。半面、小児科開業医からは、「風邪をひいた子どもに対して全く薬を出さないと親が不信感をいだき、簡単に他院に移ってしまう」という声もあり、自治体や国、医師会などによる地道な教育、啓蒙活動が必要になりそうだ。

 本論文の原題は、「Association Between Antibiotic Sales and Public Campaigns for Their Appropriate Use」。アブストラクトはなく、全文の無料での閲読はできない。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ポストがない…転職に動く「外様」医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:60
  2. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 特養の嘱託医、頑張るほど「持ち出し」の現実 記者の眼 FBシェア数:56
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 感染対策もオシャレに わかる!院内感染対策 FBシェア数:10
  7. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  8. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:17
  9. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:9
  10. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0