2004.11.29

抗生物質適正使用キャンペーンでベルギーの国内販売量3〜7%減少を実現

 ウイルス性疾患が大半を占めるインフルエンザ様疾患に対して多くの医師が「念のため」「患者が投薬を希望するから」などの理由で抗生物質を処方している。ベルギーでは2000-2001年と2001-2002年の2シーズンにわたって抗生物質の過剰使用と誤使用を防ぐ一大キャンペーンを実施した結果、期間中の抗生物質の販売量が3.4〜6.5%減少した。米国医師会のJournal of American Medical Association誌2004年11月24日号で、ベルギーFederal Public Service for Health Security of the Food Chain and EnvironmentのIsabelle Bauraind氏がリサーチレターとして報告した。

 ベルギーでは、2000-2001年と2001-2002年シーズンの2回、12〜2月の3カ月間に抗生物質についてのキャンペーンを実施、冊子やポスター、ゴールデンタイムのテレビのスポットCM、インターネットなどを通じて啓蒙活動を展開した。その結果、インフルエンザ様疾患の流行状況で調整した抗生物質の販売量は2000-2001年シーズンには6.5%(P<0.05)、2001-2002年シーズンについては3.4%(N.S.)減少した。

 日本でも、小児科関連学会などで、小児科医が抗生物質の使用低減に努めたところ、その地域における耐性菌の比率が顕著に減少したという報告がある。半面、小児科開業医からは、「風邪をひいた子どもに対して全く薬を出さないと親が不信感をいだき、簡単に他院に移ってしまう」という声もあり、自治体や国、医師会などによる地道な教育、啓蒙活動が必要になりそうだ。

 本論文の原題は、「Association Between Antibiotic Sales and Public Campaigns for Their Appropriate Use」。アブストラクトはなく、全文の無料での閲読はできない。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:33
  3. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:100
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:667
  5. 働き方改革の議論に必要な「対患者」の視点 記者の眼 FBシェア数:97
  6. 大学病院の「全床高度急性期」報告に厳しい批判 記者の眼 FBシェア数:46
  7. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:152
  8. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:105
  9. 癌の種類で異なる骨転移治療の進め方 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:28
  10. SPECTのみでアルツハイマーの鑑別はできない プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:25