2004.11.29

未熟児へのイブプロフェンの予防的投与(2)---安全性を考慮し予防的使用は控えるべき

 現在、未熟児の動脈管開存症(PDA)の予防を目的に、インドメタシン投与が行われている。が、長期的な生存率や神経障害発症率に改善が見られないという報告や、安全性に対する懸念があることから、フランスの研究者らは、イブプロフェンを代替とした場合の利益を評価する無作為割付対照試験を行った。詳細はLancet誌11月27日号に報告された。

 インドメタシンには、腎臓、中枢、消化器系への血流を減らす作用があり、未熟児の場合、乏尿、急性腎不全、壊死性腸炎、消化管出血など、深刻な副作用が生じる可能性がある。一方、イブプロフェンは、腎臓や消化器系の血行動態に与える影響が少なく、中枢の血流には影響を与えない。また、33週未満の未熟児のPDAに対する治療効果はインドメタシンと同等が示されている。従って、イブプロフェンは、インドメタシンの代替として有望と考えられてきた。

 そこで今回、イブプロフェンのPDAに対する予防・治療効果を偽薬と比較する試験が、妊娠28週未満で生まれた未熟児を対象に行われた。出生から6時間以内に、偽薬または予防的イブプロフェンが投与された。生後3日目に症候性PDAのみにイブプロフェンを投与、その後、必要に応じて補助的なインドメタシン投与か手術、または両方を行った。主要エンドポイントは、外科的結紮の必要性に置かれた。試験は、予防的投与によって重症の肺高血圧を起こした患者が3人発生したため、予定より早く中止された。結局、65人にイブプロフェンが、66人に偽薬が投与された。イブプロフェン群では、治療的投与を受けたのは2人、外科的結紮が必要な患者はいなかった。

 一方、偽薬群では25人に治療的投与が行われ、さらに9人にインドメタシンを投与、6人に外科的結紮が行われた。深刻な脳室内出血は、対照群の15人、イブプロフェン群の7人に見られたが、これは有意な差ではなかった。

 壊死性腸炎と腸穿孔の発症率はイププロフェン群の方が高く、尿量も有意に減少、血清クレアチニンは上昇した。受胎後36週の時点の生存率は、偽薬群が71%、イブプロフェン群が72%で、有意差はなかった。

 これらの結果は、未熟児に対する予防的イブプロフェン投与は外科的結紮の必要性を減らすが、生存率の向上は見られず、さらに明らかな副作用が生じうることを示した。

 イブプロフェンの治療適用の利益は明らかだ。しかし、予防的使用は、現時点では控えるべきと考えられた。

 原題は「Prophylactic ibuprofen versus placebo in very premature infants:a randomised, double-blind, placebo-controlled trial」、概要はこちらで閲覧できる(Lancet誌のサイトへの登録が必要です)。 
(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48