2004.11.26

【PharmaBusiness】大日本・住友合併:得意領域の重複が合併の決め手に

 大日本製薬(宮武健次郎社長)と住友製薬(岡本康男社長)は、11月25日、2005年10月に合併することで基本合意した。国内の収益基盤を強化することにより医薬品開発をスピードアップさせ、競争力を高めることが最大の狙い。中長期的には、海外展開を図れる体制作りを目指す。両社の医療用医薬品の売上高総計は、2003年度実績で2742億円に達することから、国内第6位(医療用医薬品で比較、外資系企業を含む)の製薬企業が誕生する。

 大日本が住友を、住友が大日本を合併の相手として選択した最大の理由は、「両社とも、有望な開発品として統合失調症治療薬を持っているなど、得意な薬効領域が似通っている」(住友の岡本社長)こと。山之内製薬と藤沢薬品工業の合併では、大型の競合品が少ないことが決め手の一つになったのとは対照的だ。岡本社長はこの点について、「我々程度の規模の企業では、得意分野が異なっていると経営資源が分散してしまい、合併効果を見込めない」と説明した(詳しくはPharmaBusinessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:143
  3. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  4. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:147
  5. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:212
  6. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:174
  8. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:55
  9. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:107
  10. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:1
医師と医学研究者におすすめの英文校正