2004.11.24

FDAが非小細胞肺癌の治療薬を新たに承認

 米国食品医薬品局(FDA)は11月19日、非小細胞肺癌(NSCLC)の治療薬として、Tarceva (成分名:erlotinib)を承認した。Erlotinib は、少なくとも化学療法を1回行うなど、従来の治療法を行っても進行が見られるNSCLCの肺がん患者が対象となる。なお、NSCLCは米国の肺癌の約80%を占める、最も一般的な肺がんのタイプだという。

 731人を対象に行った治験では、プラセボ群の生存期間の中央値が4.7カ月だったのに対し、erlotinib群では同値が6.7カ月に延長したとしている。

 Erlotinib は、上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)に関与するチロシンキナーゼを阻害する作用があるという。先の被験者の約3分の1について、EGFR値について調べたところ、その値が高かった約55%の人では、同値が低かった人に比べ、erlotinibの生存期間に対する効用がより大きかったとしている。

 なお、肺と気管支の癌は、米国で2番目に多い癌で、また、死亡数は癌の中で最多だという。Tarcevaの製造元は、OSI Pharmaceuticals社(ニューヨーク州Melville)で、販売元はGenentech社(カリフォルニア州South San Francisco)。詳しくは、FDAのニュース・リリースhttp//www.fda.gov/bbs/topics/news/2004/NEW01139.html]まで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:73
  2. 辛い食事で下痢するのは機能性腸疾患の証!? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:28
  3. 結婚や恋愛にパワーと時間はなかなか使えない Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:6
  4. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:88
  5. 「結婚は?」と聞かれるのは苦手 Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:12
  6. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:20
  7. 11時間も待たされて、処方は痛み止めだけ? マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:10
  8. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:40
  9. こんないい薬があったなんて…! 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:26
  10. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:11