2004.11.24

FDAが非小細胞肺癌の治療薬を新たに承認

 米国食品医薬品局(FDA)は11月19日、非小細胞肺癌(NSCLC)の治療薬として、Tarceva (成分名:erlotinib)を承認した。Erlotinib は、少なくとも化学療法を1回行うなど、従来の治療法を行っても進行が見られるNSCLCの肺がん患者が対象となる。なお、NSCLCは米国の肺癌の約80%を占める、最も一般的な肺がんのタイプだという。

 731人を対象に行った治験では、プラセボ群の生存期間の中央値が4.7カ月だったのに対し、erlotinib群では同値が6.7カ月に延長したとしている。

 Erlotinib は、上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)に関与するチロシンキナーゼを阻害する作用があるという。先の被験者の約3分の1について、EGFR値について調べたところ、その値が高かった約55%の人では、同値が低かった人に比べ、erlotinibの生存期間に対する効用がより大きかったとしている。

 なお、肺と気管支の癌は、米国で2番目に多い癌で、また、死亡数は癌の中で最多だという。Tarcevaの製造元は、OSI Pharmaceuticals社(ニューヨーク州Melville)で、販売元はGenentech社(カリフォルニア州South San Francisco)。詳しくは、FDAのニュース・リリースhttp//www.fda.gov/bbs/topics/news/2004/NEW01139.html]まで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:49
  2. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:71
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:295
  5. 高リスク者には抗インフル薬の予防投与を! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《3》 FBシェア数:14
  6. 「アプリで治療革新を」ある内科医の挑戦 リポート◎医師がベンチャー起業を決意するとき FBシェア数:58
  7. 「セルフコーチング」で目標達成へ飛躍の年に! 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:49
  8. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:136
  9. 病気に人生を壊されないマネジメントが必要だ 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:11
  10. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:47