2004.11.24

FDAが非小細胞肺癌の治療薬を新たに承認

 米国食品医薬品局(FDA)は11月19日、非小細胞肺癌(NSCLC)の治療薬として、Tarceva (成分名:erlotinib)を承認した。Erlotinib は、少なくとも化学療法を1回行うなど、従来の治療法を行っても進行が見られるNSCLCの肺がん患者が対象となる。なお、NSCLCは米国の肺癌の約80%を占める、最も一般的な肺がんのタイプだという。

 731人を対象に行った治験では、プラセボ群の生存期間の中央値が4.7カ月だったのに対し、erlotinib群では同値が6.7カ月に延長したとしている。

 Erlotinib は、上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)に関与するチロシンキナーゼを阻害する作用があるという。先の被験者の約3分の1について、EGFR値について調べたところ、その値が高かった約55%の人では、同値が低かった人に比べ、erlotinibの生存期間に対する効用がより大きかったとしている。

 なお、肺と気管支の癌は、米国で2番目に多い癌で、また、死亡数は癌の中で最多だという。Tarcevaの製造元は、OSI Pharmaceuticals社(ニューヨーク州Melville)で、販売元はGenentech社(カリフォルニア州South San Francisco)。詳しくは、FDAのニュース・リリースhttp//www.fda.gov/bbs/topics/news/2004/NEW01139.html]まで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:7
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:12
  3. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:7
  4. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:12
  5. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:222
  6. 山形県の麻疹感染で3次感染例を確認、研修医も感染 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:174
  7. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:432
  8. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  9. 日本人NVAFのための脳梗塞リスクスコア開発 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:109
  10. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1976