2004.11.24

FDAが多発性硬化症の治療薬としてモノクロナール抗体のnatalizumabを承認、治験では再発を5割以上減少

 米国食品医薬品局(FDA)は11月23日、多発性硬化症の治療薬として、モノクローナル抗体のnatalizumab(商品名:Tysabri)を承認した。2つの治験結果から、プラセボと比べ、再発率が5割以上減少することが明らかになったという。
FDAでは、「長期の治験結果を待ったおかげで、Tysabriが多発性硬化症の再発を大幅に減少すると信頼できる根拠を得た」としている。FDAではまた、natalizumabが多発性硬化症に対し、大きな治療効果をもたらす可能性があると判断し、加速度承認を行った。

 Natalizumabは、1カ月に1回、静脈内に投与する。Natalizumabは、免疫系細胞と結合することで、同細胞が脳へ移動するのを防ぐ働きがあるようだ。再発性多発性硬化症の人を対象に行った1つの治験では、プラセボ群と比べ、natalizumab群で再発率が66%減少した。また、再発性多発性硬化症で、既に多発性硬化症の治療薬として承認されているAvonex(インターフェロンβ‐1a)を服用し、1回以上再発があった人を対象に行った別の治験では、プラセボ群と比べ、natalizumab群で再発率が54%減ったという。

 Tysabriの販売元は、Biogen Idec社(マサチューセッツ州Cambridge)とElan Pharmaceuticals社(アイルランドDublin)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:290
  2. 傍観者 じたばたナース FBシェア数:27
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:487
  4. あなたの水晶体を守る防護眼鏡の選び方 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:59
  5. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 地域包括ケアは「囲い込み」から「連合」へ 記者の眼 FBシェア数:141
  7. インフルエンザ脳症、今季初の死亡例 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:257
  8. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:16
  9. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:429
  10. 片麻痺+ショックの答えはほぼ1つ カデット特集●救急Tips99 FBシェア数:0