2004.11.24

FDAが多発性硬化症の治療薬としてモノクロナール抗体のnatalizumabを承認、治験では再発を5割以上減少

 米国食品医薬品局(FDA)は11月23日、多発性硬化症の治療薬として、モノクローナル抗体のnatalizumab(商品名:Tysabri)を承認した。2つの治験結果から、プラセボと比べ、再発率が5割以上減少することが明らかになったという。
FDAでは、「長期の治験結果を待ったおかげで、Tysabriが多発性硬化症の再発を大幅に減少すると信頼できる根拠を得た」としている。FDAではまた、natalizumabが多発性硬化症に対し、大きな治療効果をもたらす可能性があると判断し、加速度承認を行った。

 Natalizumabは、1カ月に1回、静脈内に投与する。Natalizumabは、免疫系細胞と結合することで、同細胞が脳へ移動するのを防ぐ働きがあるようだ。再発性多発性硬化症の人を対象に行った1つの治験では、プラセボ群と比べ、natalizumab群で再発率が66%減少した。また、再発性多発性硬化症で、既に多発性硬化症の治療薬として承認されているAvonex(インターフェロンβ‐1a)を服用し、1回以上再発があった人を対象に行った別の治験では、プラセボ群と比べ、natalizumab群で再発率が54%減ったという。

 Tysabriの販売元は、Biogen Idec社(マサチューセッツ州Cambridge)とElan Pharmaceuticals社(アイルランドDublin)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:28
  2. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:56
  3. 85歳女性。尿バッグの変色 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:5
  4. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:290
  5. ナースが外でついやってしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:79
  6. 日本脳神経外科学会がNCDから離脱したワケ 非手術症例も登録する独自データベースの運用を開始 FBシェア数:59
  7. 13歳女児。増大傾向にある肝病変 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  8. 色好みの秀吉に女を世話した侍医 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  9. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:170
  10. H2ブロッカー:ガスター人気の拡大続く NMO処方サーベイ FBシェア数:69
医師と医学研究者におすすめの英文校正