2004.11.24

FDAが多発性硬化症の治療薬としてモノクロナール抗体のnatalizumabを承認、治験では再発を5割以上減少

 米国食品医薬品局(FDA)は11月23日、多発性硬化症の治療薬として、モノクローナル抗体のnatalizumab(商品名:Tysabri)を承認した。2つの治験結果から、プラセボと比べ、再発率が5割以上減少することが明らかになったという。
FDAでは、「長期の治験結果を待ったおかげで、Tysabriが多発性硬化症の再発を大幅に減少すると信頼できる根拠を得た」としている。FDAではまた、natalizumabが多発性硬化症に対し、大きな治療効果をもたらす可能性があると判断し、加速度承認を行った。

 Natalizumabは、1カ月に1回、静脈内に投与する。Natalizumabは、免疫系細胞と結合することで、同細胞が脳へ移動するのを防ぐ働きがあるようだ。再発性多発性硬化症の人を対象に行った1つの治験では、プラセボ群と比べ、natalizumab群で再発率が66%減少した。また、再発性多発性硬化症で、既に多発性硬化症の治療薬として承認されているAvonex(インターフェロンβ‐1a)を服用し、1回以上再発があった人を対象に行った別の治験では、プラセボ群と比べ、natalizumab群で再発率が54%減ったという。

 Tysabriの販売元は、Biogen Idec社(マサチューセッツ州Cambridge)とElan Pharmaceuticals社(アイルランドDublin)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:67
  2. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:188
  3. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:136
  4. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:425
  5. 三十六回の手術の末 安楽死を選んだフロイト 病と歴史への招待 FBシェア数:137
  6. STEMをねらえ! Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:18
  7. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:19
  8. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:81
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:11
  10. インスリンポンプは胸の谷間に入れるもの!? 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:215