2004.11.24

FDAが多発性硬化症の治療薬としてモノクロナール抗体のnatalizumabを承認、治験では再発を5割以上減少

 米国食品医薬品局(FDA)は11月23日、多発性硬化症の治療薬として、モノクローナル抗体のnatalizumab(商品名:Tysabri)を承認した。2つの治験結果から、プラセボと比べ、再発率が5割以上減少することが明らかになったという。
FDAでは、「長期の治験結果を待ったおかげで、Tysabriが多発性硬化症の再発を大幅に減少すると信頼できる根拠を得た」としている。FDAではまた、natalizumabが多発性硬化症に対し、大きな治療効果をもたらす可能性があると判断し、加速度承認を行った。

 Natalizumabは、1カ月に1回、静脈内に投与する。Natalizumabは、免疫系細胞と結合することで、同細胞が脳へ移動するのを防ぐ働きがあるようだ。再発性多発性硬化症の人を対象に行った1つの治験では、プラセボ群と比べ、natalizumab群で再発率が66%減少した。また、再発性多発性硬化症で、既に多発性硬化症の治療薬として承認されているAvonex(インターフェロンβ‐1a)を服用し、1回以上再発があった人を対象に行った別の治験では、プラセボ群と比べ、natalizumab群で再発率が54%減ったという。

 Tysabriの販売元は、Biogen Idec社(マサチューセッツ州Cambridge)とElan Pharmaceuticals社(アイルランドDublin)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:342
  2. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:461
  3. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1073
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:69
  5. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  6. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:9
  7. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:85
  8. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:475
  9. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:40
  10. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:7