2004.11.24

感染性胃腸炎は冬季流行の立ち上がり比較的遅い:感染症週報第45週から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが11月19日に公表した2004年第45週(11月1日〜11月7日)の感染症週報(感染症発生動向調査)によると、感染性胃腸炎は2002年や2003年に比べると冬季の増加傾向はまだ穏やかに推移している。A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は43週以後、3週連続で増加した。

 感染性胃腸炎は例年、42〜46週頃から冬季の流行期に入り、患者数が急増する傾向があるが、今年は34週以降、増加傾向は続いているものの、第46週までは微増にとどまっている。都道府県別では愛媛県(6.8)、福井県(5.3)が多い。

 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は第35週から増加傾向が続いており、39週、42週に減少したものの、43週からは再び3週連続で増加している。都道府県別では山形県(2.1)、北海道(1.9)が多い。

 咽頭結膜熱は夏以降、第42週まで減少してきたが第43週からは微増傾向になっている。都道府県別では福井県(0.8)、徳島県(0.5)が多い。

 全数報告の対象となる感染症については以下の通り(11月11日集計分)。
 1類感染症:報告なし。
 2類感染症:コレラ1例、細菌性赤痢5例、パラチフス2例。
 3類感染症:腸管出血性大腸菌感染症35例(うち有症者23例)。兵庫県(7例)、大阪府(4例)、佐賀県(3例)が多い。
 4類感染症:つつが虫病1例、デング熱2例、レジオネラ症6例。
 5類感染症:アメーバ赤痢5例、ウイルス性肝炎3例(いずれもB型)、後天性免疫不全症候群9例(AIDS4例、無症候5例)、ジアルジア症1例、梅毒6例、破傷風1例、急性脳炎3例。

 詳しくは感染症発生動向調査週報まで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48