2004.11.22

【ピックアップ】肥満あるいはやせた人は、普通の男性より精液の濃度が低く、精子の数も少ない

 若い男性で、肥満あるいはやせた人は、普通の男性より精液の濃度が低く、精子の数も少ない−−。BMI(body mass index)と精子の質の関連を調べたデンマークの研究で、こんな事実が明らかになった。デンマーク国立病院発達生殖研究部門のNiels E. Skakkebak氏らがFertility & sterility誌の10月号で発表した。

 研究グループは、徴兵検査を受けた男性の1558人(平均年齢19歳)を対象に、それぞれのBMIと精子の質や生殖ホルモンとの関連を調べた。

 その結果、BMIが25kg/m2より高い、いわゆる肥満のグループは、精液濃度が普通の男性(BMI;20−25kg/m2)より21.6%(95%信頼区間、4.0%−39.4%)低く、精子の数は23.9%(95%信頼区間、4.7%−43.2%)少なかった。

 一方、BMIが20kg/m2より少ないグループは、普通の男性に比べ精液濃度が28.1%(95%信頼区間、8.3%−47.9%)低く、また、精子の数も36.4%(95%信頼区間、14.6%−58.3%)少なかった。

 BMIは、「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で算出される体格指数。BMIが25以上は肥満と判定される。≧18.5〜25>は標準体重で、<18.5を低体重としている(日本肥満学会)。

 なお、BMIが高くても低くても、正常な精子の割合は減る傾向にあったが有意ではなく、運動精子の割合は、BMIの影響を受けていなかったという。精液の濃度が低い、あるいは精子の数が少ないからといって、直接、生殖能力に影響するわけではなさそうだ。

 この論文のタイトルは、「Body mass index in relation to semen quality and reproductive hormonesamong 1,558 Danish men」。現在、概要がこちらで閲覧できる。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172