2004.11.22

インフルエンザ学校欠席者数報告、患者数は84人で昨年同期の5倍に:国立感染研発表

 国立感染症研究所の感染症情報センターは11月19日、2004-2005年冬のインフルエンザシーズンに集計、報告する「インフルエンザ様疾患発生報告(学校欠席者)」の第3報を発表した。11月7日から11月13日までに、新たに患者が発生したのは、群馬県の2校と岡山県の1校で、群馬県で36人、岡山県で13人の患者が確認されている。これで大阪府の2校を加え累計で5校、患者数84人となった。昨年同期で2校、16人だったことから、全国的に見て例年より早い立ち上がりとなっている。

 インフルエンザ様疾患発生報告は、インフルエンザ様疾患による児童・生徒の患者数と欠席者数、および学校施設ごとの休校、学級・学年閉鎖数を毎週1回、報告するもの。

 第3報によると、群馬県では患者36人でうち13人が欠席している。岡山県では患者13人で全員が欠席。大阪では患者累計が35人で、欠席者は30人となっている。

 インフルエンザ様疾患発生報告第3報はこちらで閲覧できる。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 78歳女性。腹部の線状紅斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 胸腔ドレーン挿入の理想と現実 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:67
  3. 「めまいの原因は何?」澄んだ心で耳を傾けよう 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:32
  4. 体重増加前に心不全増悪の予兆をどう察知する? 特集◎あなたが防ぐ急性増悪《心不全》 FBシェア数:51
  5. 24歳女性。全身の皮疹、発熱 日経メディクイズ●初期診療 FBシェア数:0
  6. あなたのお金、働き者にさせませんか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:25
  7. 抗RSV抗体の投与回数制限で救えない命がある 倉敷中央病院総合周産期母子医療センター主任部長の渡部晋一氏に聞く FBシェア数:35
  8. 新規オピオイド製剤の注射薬、経口薬に続き登場 最新DIピックアップ FBシェア数:74
  9. ワクチン接種って本当に必要ですか? 保護者向け「ワクチン指導箋」を活用しよう! FBシェア数:239
  10. 自治体の権限強化で医師の地域偏在は解消するか リポート◎医師偏在対策に向けた医師法・医療法改正案が成立へ FBシェア数:48
医師と医学研究者におすすめの英文校正