2004.11.22

日本医療事務センターが中間決算、DPC追い風に医療事務受託が好調

 医療事務や介護、教育事業などを手がける日本医療事務センター(東京都千代田区)は11月19日、2004年9月中間期(2004年4〜9月)の決算説明会を開催した。主力の医療事務受託事業の業績が好調に推移した結果、増収増益の決算となった。

 2004年9月中間期の連結売上高は266億3900万円(前年同期比12.6%増)、営業利益は5億4600万円(同41.5%増)。中でも、主力の医療事務受託事業の売上高は171億400万円(同6.0%増)、営業利益は4億100万円(同77.9%増)となり、全体の業績を押し上げる最大の要因となった。2004年診療報酬改定で民間病院にも対象が拡大されたDPC(診断群分類別包括評価)の事務作業にも対応できるようにスタッフ教育を強化するなど、サービスの質の向上を図った結果、病院、診療所ともに受託件数を伸ばした。余剰人員の解消などによる人件費の削減効果もあって、営業利益も大幅な増加を達成した。

 これに対して、医療事務講座やホームヘルパー養成講座などの教育事業の売上高は23億7400万円(同6.7%増)、営業利益は1900万円(同63.9%減)で、増収ながら大幅な減益となった。事業を拡大したものの、受講者を計画通りに獲得できなかったのが響いた。

 このほか、介護・保育事業は、売上高が7億7600万円(同126.2%増)、営業利益が▲5億3000万円となった。前年同期同様、大幅な営業赤字となったが、「事業拡大に伴う投資が先行しているだけで、2005年度以降、新設した訪問介護や通所介護事業所が軌道に乗ってくるので、徐々に黒字化して安定的な収益を得られるようになるだろう」と、同社は強気の姿勢を示している。
(豊川琢、日経ヘルスケア21) 

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:150
  2. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:27
  3. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:190
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:101
  5. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:37
  6. セレコックスが増えたのは薬剤師のせい!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:55
  7. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:66
  8. 切除不能膵癌のconversion surger… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:10
  9. ゲノムに基づく戦略に進化した肺癌診療 特集◎癌ゲノム医療がやって来る《1》 FBシェア数:21
  10. 高強度スタチン治療で末梢動脈疾患の転帰改善 Circulation誌から FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正