2004.11.22

日本医療事務センターが中間決算、DPC追い風に医療事務受託が好調

 医療事務や介護、教育事業などを手がける日本医療事務センター(東京都千代田区)は11月19日、2004年9月中間期(2004年4〜9月)の決算説明会を開催した。主力の医療事務受託事業の業績が好調に推移した結果、増収増益の決算となった。

 2004年9月中間期の連結売上高は266億3900万円(前年同期比12.6%増)、営業利益は5億4600万円(同41.5%増)。中でも、主力の医療事務受託事業の売上高は171億400万円(同6.0%増)、営業利益は4億100万円(同77.9%増)となり、全体の業績を押し上げる最大の要因となった。2004年診療報酬改定で民間病院にも対象が拡大されたDPC(診断群分類別包括評価)の事務作業にも対応できるようにスタッフ教育を強化するなど、サービスの質の向上を図った結果、病院、診療所ともに受託件数を伸ばした。余剰人員の解消などによる人件費の削減効果もあって、営業利益も大幅な増加を達成した。

 これに対して、医療事務講座やホームヘルパー養成講座などの教育事業の売上高は23億7400万円(同6.7%増)、営業利益は1900万円(同63.9%減)で、増収ながら大幅な減益となった。事業を拡大したものの、受講者を計画通りに獲得できなかったのが響いた。

 このほか、介護・保育事業は、売上高が7億7600万円(同126.2%増)、営業利益が▲5億3000万円となった。前年同期同様、大幅な営業赤字となったが、「事業拡大に伴う投資が先行しているだけで、2005年度以降、新設した訪問介護や通所介護事業所が軌道に乗ってくるので、徐々に黒字化して安定的な収益を得られるようになるだろう」と、同社は強気の姿勢を示している。
(豊川琢、日経ヘルスケア21) 

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22