2004.11.22

ピジョンハーツが小児科クリニック提携型の保育施設を運営開始

 ピジョンハーツは11月19日、神戸市で隣接する小児科クリニック「片山キッズクリニック」と提携して健康診断や保育時の発病などに対応する病児保育室「プエリ」と保育施設「ピピオ」の運営を開始すると発表した。NPO法人キッズネストが事業主、片山キッズクリニックが協力医療機関という形をとる。ピジョンハーツは業務受託の形で運営を担当する。

 プエリは病児の一時保育施設で、クリニックの小児科医と看護師、ビジョンハーツの保育士が保育に当たる。感染力の強いはしかなどに罹患した子どもは、陰圧換気された隔離保育室で預かる方式。トイレや出入り口も別に設けてあり、健常児への感染の機会を減らしている。病児の状態によっては保護者に連絡のうえ、治療も行う。

 ピピオでは月決め保育入会時に小児科医による健診を行うほか、月1回、健康診断を実施する。また、毎日、小児科看護師が定期巡回し、子どもの体調変化に目を配るという。異常があった場合は保護者に連絡し、迎えに来るか、クリニックで診察して病児保育室で預かるかを選んでもらう。

 定員は病児保育が12人、月決め、一時保育が約27人、英語やプレスクールなどの幼児教室が1回当たり約10人としている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48