2004.11.22

ロシュ・ダイアグノスティックス、糖尿病データ管理ソフト日本語版を発売

 ロシュ・ダイアグノスティックスは2005年1月、同社の簡易型自己血糖測定器のデータの読み出しからレポート作成までを管理できるパソコン用ソフトウエア「アキュチェック コンパスJ」を医療機関向けに発売する。予定価格は3万円。

 アキュチェック コンパスJは、同社の簡易型自己血糖測定器「Accu-Chek」シリーズ製品からのデータをパソコンに取り込み、6種類のグラフと2種類の表の表示、3種類のレポートの作成・印刷ができ、糖尿病患者に対する効果的な療養指導に利用できる。個人情報保護のためのセキュリティ機能や操作記録管理機能も用意している。

 ロシュ・ダイアグノスティックスのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3