2004.11.22

FDAが初の無線ICタグ技術を活用した手術用患者IDを承認

 米国食品医薬品局(FDA)は11月19日、ラジオ波を発信する手術用患者ID「SurgiChip Tag Surgical Marker system」を承認した。無線ICタグ(RFID)技術を用いた患者IDは、これが初めて。同IDシステムによって、患者の取り違えや手術部位の誤りなどを減らす効果が期待されている。

 このSurgiChipタグには、あらかじめ患者の氏名と手術部位を明記する。加えて、タグの内部には、手術日、手術名と執刀医の名前を記録する。その上でスキャンし、患者本人が内容を確認した上で患者のカルテの中に保管される。

 手術当日には、タグを再びスキャンし、患者本人が再度内容を確認した上で、カルテから取り出し患者の体の手術部位に近い部分に貼り付ける。

 手術直前には、タグをさらにもう一度スキャンし、患者のカルテと内容が一致しているかどうかを確認した上で体からはずし、カルテに戻す仕組みになっている。

 同患者IDの製造元は、SurgiChip社(フロリダ州Palm Beach Gardens)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:78
  2. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:29
  3. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:93
  4. 心血管疾患二次予防のLDL-C目標値は70未満 特集◎生活習慣病 7つの新常識《3》 FBシェア数:70
  5. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:449
  6. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:616
  7. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:2
  8. デイサービスで感じた女子力とは? 病院珍百景 FBシェア数:33
  9. コールドポリペクトミーは抗凝固薬服用中の大腸ポリ… 学会トピック◎第14回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:45
  10. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:77
医師と医学研究者におすすめの英文校正