2004.11.22

FDAが初の無線ICタグ技術を活用した手術用患者IDを承認

 米国食品医薬品局(FDA)は11月19日、ラジオ波を発信する手術用患者ID「SurgiChip Tag Surgical Marker system」を承認した。無線ICタグ(RFID)技術を用いた患者IDは、これが初めて。同IDシステムによって、患者の取り違えや手術部位の誤りなどを減らす効果が期待されている。

 このSurgiChipタグには、あらかじめ患者の氏名と手術部位を明記する。加えて、タグの内部には、手術日、手術名と執刀医の名前を記録する。その上でスキャンし、患者本人が内容を確認した上で患者のカルテの中に保管される。

 手術当日には、タグを再びスキャンし、患者本人が再度内容を確認した上で、カルテから取り出し患者の体の手術部位に近い部分に貼り付ける。

 手術直前には、タグをさらにもう一度スキャンし、患者のカルテと内容が一致しているかどうかを確認した上で体からはずし、カルテに戻す仕組みになっている。

 同患者IDの製造元は、SurgiChip社(フロリダ州Palm Beach Gardens)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:0
  2. 定量的輸液の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:15
  3. セクシー男優の疑問を感染症医がずばり解決 Cadetto通信 FBシェア数:847
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:569
  5. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:25
  6. 「見捨てられ感」を払拭する二人主治医制 廣橋猛の「二刀流の緩和ケア医」 FBシェア数:197
  7. 「外科をあなたに任せたい」が移籍の決め手に ルポ:50代の転職(2)◎勤務先の経営者交代により退職を決意 FBシェア数:91
  8. 百日咳、定点から全数把握へ変更、来年1月から 成人含む百日咳患者の発生動向を正確に把握 FBシェア数:95
  9. ピュアに働くほど「やりがい搾取」されるんだよ 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:2
  10. 「点滴は30分ほどで終わります。先にお手洗いに行… 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:0