2004.11.22

FDAが初の無線ICタグ技術を活用した手術用患者IDを承認

 米国食品医薬品局(FDA)は11月19日、ラジオ波を発信する手術用患者ID「SurgiChip Tag Surgical Marker system」を承認した。無線ICタグ(RFID)技術を用いた患者IDは、これが初めて。同IDシステムによって、患者の取り違えや手術部位の誤りなどを減らす効果が期待されている。

 このSurgiChipタグには、あらかじめ患者の氏名と手術部位を明記する。加えて、タグの内部には、手術日、手術名と執刀医の名前を記録する。その上でスキャンし、患者本人が内容を確認した上で患者のカルテの中に保管される。

 手術当日には、タグを再びスキャンし、患者本人が再度内容を確認した上で、カルテから取り出し患者の体の手術部位に近い部分に貼り付ける。

 手術直前には、タグをさらにもう一度スキャンし、患者のカルテと内容が一致しているかどうかを確認した上で体からはずし、カルテに戻す仕組みになっている。

 同患者IDの製造元は、SurgiChip社(フロリダ州Palm Beach Gardens)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:120
  2. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. このままだと働き方はどんどんブラックになるよ? 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:52
  4. 原因不明の慢性痛、その原因は医師の思考停止 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:41
  5. 日中で異なる高血圧基準値変更へのスタンス 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:17
  6. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:26
  7. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:20
  8. 覚醒下心臓手術は新たな選択肢となり得るか? リポート◎日本初、局所麻酔下での心臓弁手術が成功 FBシェア数:353
  9. ルーチンの読影手順 正常構造をまず確認 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:34
  10. 70歳代男性。検診の胸部X線 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正