2004.11.19

女性の喫煙、吸う理由は「ストレス」、気になる影響は「健康」:ネット調査で明らかに

 たばこを吸い始めたきっかけもやめられない理由も「ストレス・イライラ解消のため」が第1位−−。製薬会社のファイザーがこの10月に20〜40歳代の女性600人を対象として実施したインターネット上のアンケート調査で、ささやかな癒しを紫煙に求める喫煙女性の実態が明らかになった。

 調査によると、たばこを吸い始めた最大のきっかけは、「ストレス・イライラ解消のため」で35.0%だった。次いで「かっこいいと感じた」(20.7%)、友人・知人に勧められた(16.5%)の順。たばこをやめない理由も「ストレス・イライラ解消のため」が第1位で、実に64.7%もあった。2位の「(やめる)きっかけがない」を大きく引き離している。

 一方、喫煙することで気になることとしては、「健康への影響」が37.0%でトップ、次いで「煙やにおい」が15.5%、「肌荒れなど美容への影響」が13.7%で続いた。

 たばこを吸う時に気を付けていることとしては、「口臭対策」が第1位で30.7%、「髪や衣類のにおい対策」が16.0%、「肌荒れ対策」が11.3%で続く。女性の場合、いかに周囲に気付かれないで吸うかが身だしなみの重要な要素になっているようだ。実際、「喫煙していることを内緒にしている人はいますか」という問いには、成人でありながら、約2割は家族や恋人、職場など、喫煙を隠している相手がいると回答している。「内緒にしている人」がいないと回答したのは、過半数の57.7%だった。

 たばこをやめたいと思っているかという問いには、「常に思っている」と「ときどき思っている」を合わせると81.0%と圧倒的に多かった。禁煙に挑戦した回数に対する問いにも、「なし」は28.2%だけ。半数近い44.5%の喫煙女性が2回以上禁煙を試みている。

 肌荒れ対策が1割前後なのは、意外に低い数字だった。20歳代後半を過ぎた喫煙女性の肌は、男性の目でもひと目で分かるほど荒れている。最新の化粧品のカバー力が高いため、あまり気にならないのだろうか。

 ファイザーのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:148
  3. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:211
  4. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  5. 訪日外国人が突いた医療保険制度の隙 記者の眼 FBシェア数:221
  6. 成人敗血症患者に対する解熱治療は死亡率を低下させ… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:68
  7. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:21
  8. 医師偏在対策、第7次医療計画への反映目指す 女性医師支援や外来医療の最適化、遠隔診療の推進も課題 FBシェア数:62
  9. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:599
  10. 「重症なんだから優先して!」怒る家族の真意は 家族支援CNSの「家族対応」お悩み相談 FBシェア数:19