2004.11.18

カシスやブルーベリーの果汁はカゼやインフルエンザを防ぐ!? 培養細胞で抗ウイルス作用を確認、“果汁入り飴”への応用を期待

 カシスやブルーベリーなど黒い色のベリー類の果汁に、カゼやインフルエンザなどを予防する抗ウイルス作用があることが新たに分かった。

 福島県立医科大学微生物学講座の錫谷(すずたに)達夫教授の研究によるもので、中国に群生する野生種のカシス「黒加倫(くろかりん)」のほか、ブルーベリー、クランベリー、エルダーベリーの4種類のベリー類の果汁に抗ウイルス作用があった。

 ブルーベリーやカシスは眼精疲労の改善、クランベリーは尿路感染症の予防などの効果が知られているが、「抗ウイルス作用があることがわかったのは、恐らく初めてではないか」と錫谷教授。

 実験は、培養細胞に果汁をそそぎ、カゼの原因になるアデノウイルス、同じくRSウイルス、インフルエンザウイルス、単純ヘルペスウイルスの4種類を別々に振りかけて、10分間放置。その後、果汁を洗い流して細胞を3〜5日間培養し、ウイルスに感染した細胞の数を調べた。

 細胞がウイルスに感染して死ぬと培地に穴があく。この穴の数を数えて死んだ細胞の数とした。「果汁を注いで10分間放置したのは、飴(あめ)やトローチなどに応用できないかと考えて実験したため。飴1個をなめるのに5〜10分かかる」と錫谷教授。

 この実験結果を基に、果汁を注いだ場合のウイルスの数が、果汁を注がなかった培地のウイルス数の半分になる果汁の希釈倍数を算出した。

 すると、インフルエンザウイルスの場合、黒加倫を100倍希釈すると半減することがわかった。ブルーベリーでは166倍、エルダーベリーで239倍、クランベリーで139倍だった。

 同様に、RSウイルスでは黒加倫1862倍、ブルーベリー1000倍、エルダーベリー487倍、クランベリー917倍。他のウイルスに対しても、各果汁が抗ウイルス効果を発揮した。

 100倍希釈は濃縮還元果汁1%濃度に当たる。希釈倍数が大きくなるほど成分が薄くても効果があることを示す。「1%というのは、飴などに入れて製品化するときにも、無理なく配合できる濃度」と錫谷教授は指摘する。

 抗ウイルス活性のカギを握っているのは、黒いベリー類に多く含まれるポリフェノールではないかと錫谷教授は見ている。ポリフェノールは、紫外線などから身を守るために植物が持っている苦味や色素の成分で、抗酸化力があることなどが知られている。

 「ウイルスは細胞に接触して中に入りこんではじめて、悪さをする。ポリフェノールがあると、それがウイルス表面にくっついてウイルスを覆い、ウイルスが細胞に直接触れられないようにブロックしているのではないか」と錫谷教授。

 そのため、飴やトローチなどに黒いベリー類の果汁を有効分量だけ入れておけば、なめている間に、ポリフェノールがウイルスにくっついて活性を阻害する可能性がある。

 「人間での臨床試験は行っていないので確証はないが、これらの果汁は“飲む消毒薬”のように使えるのではないか。カゼなどの予防効果に加え、感染してから摂取して、悪化を抑えることも期待できそう」と錫谷教授は話す。(黒住紗織、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051