2004.11.18

“若返りホルモン”のDHEAにダイエット効果、高齢者の体脂肪を減らす−−米ワシントン大学

 高齢になるほど血中濃度が低下するため、「若返りホルモン」として期待を集めているDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)に、高齢者の腹部肥満を改善する効果があることが分かった。

 米国国立衛生研究所(NIH)の助成金を得て、米国Washington大学が行ったプラセボ対照試験による。研究結果は、米医師会雑誌Journal of the American Medical Association(JAMA)の11月10日号に掲載された。

 試験では、やや太り気味だが健康な高齢の男女56人(平均年齢は71歳、平均体格指数=BMIは28)をくじ引きで2グループに分け、DHEA(1日量50mg)またはプラセボを6カ月間、毎日就寝前に飲んでもらった。

 腹部の肥満度の評価にはMRI(磁気共鳴画像装置)を使用。腹部の輪切り画像を撮り、内臓脂肪と皮下脂肪の面積を測った。

 すると、プラセボをのんだグループでは、6カ月後にも腹部の肥満度はほとんど変わらなかった(内臓脂肪面積:3平方センチ増加、皮下脂肪面積:2平方センチ増加)。

 一方、DHEAをのんだグループでは、内臓脂肪面積と皮下脂肪面積のどちらも、6カ月後には13平方センチ減っていた。

 さらに、経口糖負荷試験(OGTT)で調べたインスリン抵抗性は、DHEAをのんだグループのみが改善。DHEAが腹部の肥満解消だけでなく、糖尿病予防の可能性があることがわかった。

 DHEAは男性ホルモン(テストステロン)や女性ホルモン(エストロゲン)の前駆体となるホルモンで、20代をピークに徐々に体内での合成量が減る。そのため、これまでは主にアンチエージング(抗老化)成分としての期待が高かったが、DHEAの働きはそれだけではない。

 最近の研究で、DHEAは「PPARα」と呼ばれるホルモン受容体を活性化し、脂肪を燃やす(遊離脂肪酸をβ酸化する)働きがあることがわかってきた。つまり、DHEAが体内で十分に作られない高齢者に、DHEAを補充すれば、糖尿病など腹部肥満による様々な病気を予防できる可能性があるというわけだ。

 ただし、今回の試験は対象人数が比較的少数で、実施期間も6カ月と短い。研究グループは「より大規模な試験で効果や安全性を再確認すべき」と念を押している。

 この論文のタイトルは、「Effect of DHEA on Abdominal Fat and Insulin Action in Elderly Women and Men」。アブストラクトは、こちらまで。
(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97