2004.11.18

“若返りホルモン”のDHEAにダイエット効果、高齢者の体脂肪を減らす−−米ワシントン大学

 高齢になるほど血中濃度が低下するため、「若返りホルモン」として期待を集めているDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)に、高齢者の腹部肥満を改善する効果があることが分かった。

 米国国立衛生研究所(NIH)の助成金を得て、米国Washington大学が行ったプラセボ対照試験による。研究結果は、米医師会雑誌Journal of the American Medical Association(JAMA)の11月10日号に掲載された。

 試験では、やや太り気味だが健康な高齢の男女56人(平均年齢は71歳、平均体格指数=BMIは28)をくじ引きで2グループに分け、DHEA(1日量50mg)またはプラセボを6カ月間、毎日就寝前に飲んでもらった。

 腹部の肥満度の評価にはMRI(磁気共鳴画像装置)を使用。腹部の輪切り画像を撮り、内臓脂肪と皮下脂肪の面積を測った。

 すると、プラセボをのんだグループでは、6カ月後にも腹部の肥満度はほとんど変わらなかった(内臓脂肪面積:3平方センチ増加、皮下脂肪面積:2平方センチ増加)。

 一方、DHEAをのんだグループでは、内臓脂肪面積と皮下脂肪面積のどちらも、6カ月後には13平方センチ減っていた。

 さらに、経口糖負荷試験(OGTT)で調べたインスリン抵抗性は、DHEAをのんだグループのみが改善。DHEAが腹部の肥満解消だけでなく、糖尿病予防の可能性があることがわかった。

 DHEAは男性ホルモン(テストステロン)や女性ホルモン(エストロゲン)の前駆体となるホルモンで、20代をピークに徐々に体内での合成量が減る。そのため、これまでは主にアンチエージング(抗老化)成分としての期待が高かったが、DHEAの働きはそれだけではない。

 最近の研究で、DHEAは「PPARα」と呼ばれるホルモン受容体を活性化し、脂肪を燃やす(遊離脂肪酸をβ酸化する)働きがあることがわかってきた。つまり、DHEAが体内で十分に作られない高齢者に、DHEAを補充すれば、糖尿病など腹部肥満による様々な病気を予防できる可能性があるというわけだ。

 ただし、今回の試験は対象人数が比較的少数で、実施期間も6カ月と短い。研究グループは「より大規模な試験で効果や安全性を再確認すべき」と念を押している。

 この論文のタイトルは、「Effect of DHEA on Abdominal Fat and Insulin Action in Elderly Women and Men」。アブストラクトは、こちらまで。
(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:162
  2. 病像の変化で糖尿病腎症から糖尿病性腎臓病に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《5》 FBシェア数:177
  3. 五輪でドーピング…主訴「薬を盛られた?」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:119
  5. 外科医の寿命を延ばすロボット手術が保険適用に 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:166
  6. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:72
  7. 一過性の意識消失で救急搬送された80歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  8. 肝臓癌で余命半年と宣告された認知症患者 短期集中連載◎重度の認知症患者を診るということ(3) FBシェア数:36
  9. 血糖管理は点から線へ、FGMで変動を調べよ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《6》 FBシェア数:36
  10. 主な癌の5年生存率を国際比較 Lancet誌から FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正