2004.11.18

女性にとって不快な男性の体臭をアンズ種子抽出エキスが抑制、ライオンが確認

 ライオンは11月17日、女性にとって不快な男性の体臭の原因物質が、揮発性ステロイドの一種である「アンドロステノン」であり、鎮静・鎮咳薬として漢方で古くから用いられてきた「キョウニンエキス」にこのアンドロステノンの発生を抑える効果があると発表した。同社ではこの研究を基に開発した男性用制汗デオドラント剤を2005年春をめどに商品化する予定だ。研究成果の詳細は、11月25日に介さされる日本化粧品技術者会研究討論会で発表する。

 同社が20〜30歳代の男女104人に対して聞き取り調査を実施したところ、男性が女性の体臭を不快に思ったことがある経験は15%だったのに対し、女性は全員が男性の体臭を不快に感じたことがあることが分かった。

 さらに20〜30歳代の男女が7時間着用したTシャツに対する反応を見るテストを実施したところ、男女とも男性の着用したTシャツの臭気が強いと判定し、女性の方が、男性の着用したTシャツの臭気をより不快と評価した。

 女性に不快感を与える原因物質として特定されたのは、「アンドロステノン」と呼ばれる物質。男性の腋窩に存在する類似の臭気物質であるアンドロステロン、アンドロスタジエノールと比較したところ、アンドロステノンだけが、臭気の不快度が男女で有意に異なり、女性にとって特に不快な臭気の原因物質であると推定された。

 アンドロステノンは、腋窩のアポクリン腺から分泌されるアンドロステロン硫酸塩が皮膚常在菌によって分解されることで発生する。ライオンが実験系を使ってアンドロステノンの生成を抑制する物質を植物成分から探した結果、アンズ種子の抽出物であるキョウニンエキスに強い抑制効果があることを確認した。キョウニンエキスは皮膚常在菌によるアンドロステロン硫酸塩の代謝を抑制する作用があるという。

 アンドロステノンは汗と混ざることで臭気が増強するほか、他の体臭成分の臭気や不快度を増強する“悪玉”であることも確認できたという。ヒートアイランド現象や温暖化による都会の気温上昇や、空調の普及による公共スペースの密室化が進むなか、「男くささ」はもはや好印象を示す言葉ではなくなったようだ。

 ライオンのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:16
  3. 実態と乖離、ずさんな開業計画書に要注意 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  4. 患者を「監視」していないか? 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:42
  5. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:136
  6. 医師への時間外労働規制の適用は5年後に 政府が「働き方改革実行計画」を決定 FBシェア数:131
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:70
  8. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  9. アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:80
  10. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:335