2004.11.18

香ばしさ成分が多い麦茶は血液サラサラ効果が高い、カゴメが臨床試験で確認

 麦茶好きには朗報だ。カゴメは、香ばしさの成分であるアルキルピラジン類を多く含む麦茶を飲用することで血液流動性が向上することを臨床試験で確認したと発表した。カゴメ総合研究所の研究成果で、研究内容は10月27日に開催された日本清涼飲料研究会の研究発表会で報告している。

 臨床試験では、健康な成人6人に麦茶A(カゴメ製六条麦茶)250mLを飲用させ、飲用直前と飲用後15、30、60、90、120分後の血液流動性をMC-FANで測定した。同様の試験をミネラルウォーターで実施し、比較した。その結果、飲用前に比べ、ミネラルウォーターを飲んだ場合は血液流動性がやや悪化したのに対し、麦茶を飲んだ場合はやや改善し、飲用後30分後と60分後には、有意差が見られた。麦茶を飲んだ場合には飲用後90分間は流動性が改善する傾向が見られた。一方、アルキルピラジン濃度が麦茶A(2.4ppm)の6分の1に当たる0.4ppmの市販麦茶Bを飲用させたところ、血液流動性の改善は見られなかった。

 アラキルピラジンは二つの窒素を含む六員環化合物で、水素がアルキル基に置換された物質の総称。血小板内へのカルシウム流入を抑制することで血小板凝集抑制作用を示す。カゴメではアラキルピラジンの血小板凝集抑制作用をin vitroで確認している。

 これらの結果からカゴメでは、香ばしい麦茶を継続的に飲むことで、血液流動性を高めることが期待できるとしている。

 カゴメのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25