2004.11.17

小野薬品、米Merck社と遅延性嘔吐抑制剤など3剤の導入・導出契約を締結

 小野薬品工業はこのほど、米Merck社との間で、脳梗塞急性期治療薬の導出と、経口糖尿病治療薬、および癌化学療法に伴う遅延性悪心・嘔吐治療薬の導入について、11月9日付けでライセンス契約を締結したと発表した。

 導出するのは、小野薬品が創製し、国内外で開発を進めている脳梗塞急性期治療薬「プログリア注」(一般名、開発コードはONO-2506)で、Merck社に日本、台湾、韓国を除く全世界におけるプログリアとバックアップ化合物開発・販売の独占ライセンスを供与する。プログリアは脳梗塞症状の発症から投与開始までの時間が長くなっても高い治療効果を持つ可能性があるほか、血液の凝固線溶系に作用しないため、脳出血を引き起こさないと考えられるという。導出に当たり小野薬品はMerck社から契約一時金と、開発の段階に応じたマイルストン金、製品化後は売上高に応じたロイヤリティを受け取る。

 一方、小野薬品が導入する経口糖尿病治療薬「MK-0431」(開発コード)はMerck社が創製したジペプチジルペプチターゼIV阻害薬で、低血糖や体重増加の可能性が少なく、食後過血糖の改善を期待できるという。海外では第3相臨床試験、国内では万有製薬による第2相臨床試験段階にある。今後、小野薬品は万有製薬と共同で開発・販売を行うという。

 同じく小野薬品が導入する「アプレピタント」(一般名:開発コードはMK-0869)は癌化学療法に伴う遅延性悪心・嘔吐治療薬で、米国など20カ国以上で既に発売されている。日本では既に第1相臨床試験を終了しており、今後、小野薬品が開発を引き継ぐ。

 MK-0431とアプレピタントの導入について、小野薬品は製品化後には売上高に応じたロイヤリティをMerck社に支払うが、契約一時金とマイルストン金の支払いは行わない。支払いが発生しない理由については「公表できない」(小野薬品)としている。

 小野薬品のプレスリリースはこちらで参照できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:594
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:66
  3. 何気ない言葉の効果 じたばたナース FBシェア数:3
  4. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:351
  5. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:72
  6. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:531
  7. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:481
  8. 見逃し注意!コニール分2の適応違い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:36
  9. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  10. 左主冠動脈狭窄ではCABGがPCIに勝る Lancet誌から FBシェア数:153