2004.11.17

COPDデーイベントでスパイロメトリーの体験検査を実施、8%強が1秒率70%未満

 東京都内の街頭イベントでスパイトメトリーによる肺機能測定に参加した一般市民643人のうち、8.2%に当たる53人は1秒率が70%未満で、慢性閉塞性肺疾患(COPD)など閉塞性換気障害が疑われる状態だった。高齢者の参加が多かったことなどさまざまなバイアスがあるとはいえ、肺機能低下という問題を抱えて日常生活を送っている人々が無視できない比率で存在することを示すデータと言える。

 これは、世界COPDデー日本委員会が製薬企業7社と共催で11月10、11日に東京都内の2カ所で実施したCOPDチェックイベントの検査結果を同委員会が11月16日に公表したもの。世界COPDデーは、COPDの啓発活動を実施している国際組織GOLD(Global Initiative for Chronic Ostructive Lung Disease)が毎年11月中旬の水曜日に実施している。

 検査イベントに参加した643人の内訳は、女性が55.1%、男性が44.9%で、年齢別では10歳代から80歳代まで幅広いが、50〜60歳代がほぼ半数に当たる48.8%で群を抜いて多い。1秒率が70%未満だった人の比率は男性では11.8%、女性では5.4%と男性でより多い。喫煙歴別では、非喫煙者で6.3%だったのに対し、現在喫煙者では7.5%、過去喫煙者では12.2%と、過去喫煙者で多い傾向にあった。年代別では、10〜40歳代では0〜3.5%だが、50歳代で6.0%、60歳代で11.5%、70歳代で19.7%と、50歳代以上で高年齢ほど比率が高くなる傾向にあった。

 さらに、1秒率が70%未満の被験者では、「よく咳をする」が54.7%(被験者全体では33.4%、以下同)、「よく痰が出る」が49.1%(34.2%)、「階段や坂道で息切れする」が60.4%(48.4%)などと、呼吸器症状の訴えが多い傾向があった。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1054
  2. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:292
  3. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:432
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:16
  5. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:0
  6. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:62
  7. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:22
  8. 天井に届いた喀血 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:1
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:49
  10. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:56