2004.11.17

COPDデーイベントでスパイロメトリーの体験検査を実施、8%強が1秒率70%未満

 東京都内の街頭イベントでスパイトメトリーによる肺機能測定に参加した一般市民643人のうち、8.2%に当たる53人は1秒率が70%未満で、慢性閉塞性肺疾患(COPD)など閉塞性換気障害が疑われる状態だった。高齢者の参加が多かったことなどさまざまなバイアスがあるとはいえ、肺機能低下という問題を抱えて日常生活を送っている人々が無視できない比率で存在することを示すデータと言える。

 これは、世界COPDデー日本委員会が製薬企業7社と共催で11月10、11日に東京都内の2カ所で実施したCOPDチェックイベントの検査結果を同委員会が11月16日に公表したもの。世界COPDデーは、COPDの啓発活動を実施している国際組織GOLD(Global Initiative for Chronic Ostructive Lung Disease)が毎年11月中旬の水曜日に実施している。

 検査イベントに参加した643人の内訳は、女性が55.1%、男性が44.9%で、年齢別では10歳代から80歳代まで幅広いが、50〜60歳代がほぼ半数に当たる48.8%で群を抜いて多い。1秒率が70%未満だった人の比率は男性では11.8%、女性では5.4%と男性でより多い。喫煙歴別では、非喫煙者で6.3%だったのに対し、現在喫煙者では7.5%、過去喫煙者では12.2%と、過去喫煙者で多い傾向にあった。年代別では、10〜40歳代では0〜3.5%だが、50歳代で6.0%、60歳代で11.5%、70歳代で19.7%と、50歳代以上で高年齢ほど比率が高くなる傾向にあった。

 さらに、1秒率が70%未満の被験者では、「よく咳をする」が54.7%(被験者全体では33.4%、以下同)、「よく痰が出る」が49.1%(34.2%)、「階段や坂道で息切れする」が60.4%(48.4%)などと、呼吸器症状の訴えが多い傾向があった。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1