2004.11.16

たった1本でも喫煙したことのある子どもは、喫煙者になりやすい

 たった1本でも喫煙したことのある子どもは、喫煙する大人になりやすい−−。米国ノースカロライナで行われた8年間の前向き調査は、子どもたちの喫煙防止の重要性を改めて訴える結果となった。Pacific Institute for Research and EvaluationのChristine Jackson氏らが、Archives of Pediatric and Adolescent Medicine誌2004年11月号で報告した。

 研究では、ノースカロライナの868人の子供たちを対象に、8歳から10歳まで追跡し、この間の喫煙経験を把握した。その上で、子どもたちが17歳になったときに電話インタビューを行い、その時点での喫煙状況を調査し、子どものころの喫煙経験との関連を明らかにした。

 子どものころの調査は1994年、1995年、1996年のそれぞれ2月〜4月にかけて行った。737人のデータを確保し、その後、17歳になった時点で電話インタビューを試みた。最終的にインタビューで喫煙状況を把握できたのは594人だった。

 結果は、8歳から10歳という幼い年齢で喫煙を経験すると、習慣的喫煙者になりやすいというものだった。たとえば、10歳までにたった1本でもタバコを吸ったことがある子どもたちでは、タバコを全く吸わなかった子どもたちと比べて、17歳時点で喫煙者だった人が2倍も多かった(オッズ比2.45、95%信頼区間1.58−3.82)。

 また、10歳までに2本から4本のタバコを吸ったことがある子どもたちでは、タバコを全く吸わなかった子どもたちと比べて、毎日喫煙する17歳になる人が3倍多いという結果となった(オッズ比3.45、95%信頼区間1.24−9.03)。5本以上吸ったことがある場合は、毎日喫煙する17歳になる人が4倍多くなった(オッズ比4.47、95%信頼区間1.29−15.84)。

 日本でも喫煙の低年齢化が問題となっている(関連トピックス)。タバコの害から幼い子どもたちの将来を守るためにも、周りの大人が取り組むべき課題は多いに違いない。

 この論文タイトルは、「Cigarette Consumption During Childhood and Persistence of Smoking Through Adolescence」、現在こちらで抄録を閲覧することができる。(三和護)

■ 関連トピックス ■
◆ 2004.3.30 こどものための「卒煙外来」から見えてくるもの
「はじめて吸ったのはいつか」に幼稚園との回答も

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:323
  2. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:127
  3. 病院の敷地内に薬局が続々とできている理由 トレンド◎病院にとってはいいことずくめ?の「門内薬局」 FBシェア数:3
  4. いま書いてるの、もしかして「偽」の診断書? 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  5. インスリンポンプは胸の谷間に入れるもの!? 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:163
  6. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:123
  7. 乳児の便秘は2本印の綿棒による浣腸で 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:84
  8. 79歳男性。徐脈 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  9. 62歳女性。上背部痛と嚥下時痛、どう対応? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  10. 「女性医師余り」は進んでいく Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:47