2004.11.16

オリンパス、超音波ガイド下穿刺が可能な超音波気管支ファイバースコープを発売

 オリンパスメディカルシステムズは、超音波画像上でリンパ節の位置を確認しながら穿刺して検体を採取することで、肺癌のリンパ節転移を確定診断する生検をより安全に実施できる超音波気管支ファイバースコープ「BF TYPE UC260F-OL8」を11月17日に国内と米国、欧州で発売する。価格はスコープ本体が472万5000円、専用のディスポーザブル吸引生検針が1万5750円(共に税込み)。スコープの発売後1年間の目標販売台数は20台。

 BF TYPE UC260F-OL8は、内視鏡先端に複数の超音波振動子を扇状に配列しており、超音波画像の中で動きのある血流などを検出する超音波ドプラ観察が可能。この機能によって、血管とリンパ節の位置が分かるため、対象となるリンパ節の生検を確実に実施できる。超音波スキャンはスコープの挿入方向と同じ方向で行うため、スコープ先端の鉗子口から出た吸引生検針を超音波画像上で確認しながら操作することが可能だ。

 通常の光学系も搭載しており、モニター画面上で内視鏡画像と超音波画像を切り換え表示できる。動作には、「EVIS LUCERA」など同社製の内視鏡ビデオモニターシステムと電子コンベックス走査式超音波観測装置「EU-C2000」が必要。価格はEVIS LUCERAが340万円から、EC-C2000が420万円(共に税込み)。

 オリンパスメディカルシステムズのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1