2004.11.16

オリンパス、超音波ガイド下穿刺が可能な超音波気管支ファイバースコープを発売

 オリンパスメディカルシステムズは、超音波画像上でリンパ節の位置を確認しながら穿刺して検体を採取することで、肺癌のリンパ節転移を確定診断する生検をより安全に実施できる超音波気管支ファイバースコープ「BF TYPE UC260F-OL8」を11月17日に国内と米国、欧州で発売する。価格はスコープ本体が472万5000円、専用のディスポーザブル吸引生検針が1万5750円(共に税込み)。スコープの発売後1年間の目標販売台数は20台。

 BF TYPE UC260F-OL8は、内視鏡先端に複数の超音波振動子を扇状に配列しており、超音波画像の中で動きのある血流などを検出する超音波ドプラ観察が可能。この機能によって、血管とリンパ節の位置が分かるため、対象となるリンパ節の生検を確実に実施できる。超音波スキャンはスコープの挿入方向と同じ方向で行うため、スコープ先端の鉗子口から出た吸引生検針を超音波画像上で確認しながら操作することが可能だ。

 通常の光学系も搭載しており、モニター画面上で内視鏡画像と超音波画像を切り換え表示できる。動作には、「EVIS LUCERA」など同社製の内視鏡ビデオモニターシステムと電子コンベックス走査式超音波観測装置「EU-C2000」が必要。価格はEVIS LUCERAが340万円から、EC-C2000が420万円(共に税込み)。

 オリンパスメディカルシステムズのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:40
  2. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:62
  3. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:151
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:70
  5. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:66
  6. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:537
  7. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:275
  8. 「気流制限がない」気腫肺、見過ごされている潜在的… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:3
  9. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2) FBシェア数:268
  10. ミトコンドリア移植で遺伝病を予防できるか? NEJM誌から FBシェア数:44