2004.11.16

オリンパス、超音波ガイド下穿刺が可能な超音波気管支ファイバースコープを発売

 オリンパスメディカルシステムズは、超音波画像上でリンパ節の位置を確認しながら穿刺して検体を採取することで、肺癌のリンパ節転移を確定診断する生検をより安全に実施できる超音波気管支ファイバースコープ「BF TYPE UC260F-OL8」を11月17日に国内と米国、欧州で発売する。価格はスコープ本体が472万5000円、専用のディスポーザブル吸引生検針が1万5750円(共に税込み)。スコープの発売後1年間の目標販売台数は20台。

 BF TYPE UC260F-OL8は、内視鏡先端に複数の超音波振動子を扇状に配列しており、超音波画像の中で動きのある血流などを検出する超音波ドプラ観察が可能。この機能によって、血管とリンパ節の位置が分かるため、対象となるリンパ節の生検を確実に実施できる。超音波スキャンはスコープの挿入方向と同じ方向で行うため、スコープ先端の鉗子口から出た吸引生検針を超音波画像上で確認しながら操作することが可能だ。

 通常の光学系も搭載しており、モニター画面上で内視鏡画像と超音波画像を切り換え表示できる。動作には、「EVIS LUCERA」など同社製の内視鏡ビデオモニターシステムと電子コンベックス走査式超音波観測装置「EU-C2000」が必要。価格はEVIS LUCERAが340万円から、EC-C2000が420万円(共に税込み)。

 オリンパスメディカルシステムズのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14