2004.11.16

原因不明の急性脳症患者の報告数、10月1日から11月11日までで58例に

 国立感染症研究所の感染症情報センターが発表した感染症発生動向調査(第44号)によると、原因不明の急性脳症患者の報告数は、10月1日から11月11日までで58例に上った。急性脳炎の報告数は、10月以降の増加が目立つが、ほとんどは、秋田県、山形県、新潟県などで発生している原因不明の急性脳症患者の報告だった。

 それによると、10月1日から11月11日までに報告された症例数は66例で、このうち、病原体診断がついている急性脳炎は8例(単純ヘルペスウイルス4例、 A型インフルエンザウイルス1例、EBウイルス1例、A群コクサッキーウイルス2型1例、肺炎球菌1例)で、病原体不明は58例(原因不明の急性脳症も含む)に上った。

 病原体不明の58例をみると、秋田県25例、新潟県12例、山形県10例が多く、福島県2例、岐阜県2例のほか、北海道、岩手県、宮城県、東京都、石川県、福井県、島根県がそれぞれ1例だった。

 性別では男性25例、女性33例と女性が多く、年齢の中央値は69歳。年齢群別では10代が1例、20代が3例、40代が1例、50代が7例、60代が17例、70代が16例、80代が11例、90代が2例だった。

 発症日は、9月27日〜10月3日が19例ともっとも多く、9月20日〜26日の16例、10月18日〜24日の6例と続いている。

 血液透析を受けているかなど、腎機能障害の有無については、「有」が21例、「無」が4例、「不明」が33例となっている。また、転帰は、13例の死亡が確認されている。(三和護)



Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
  2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
  6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
  10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466