2004.11.16

大規模2相試験、HPV-16/18に対する2価ワクチンの有効性と安全性を示す

 推計では、全世界で毎年47万人が新たに子宮頚癌を発症、23万人がこの病気で死亡している。特定型のヒト・パピローマウイルス(HPV)の持続感染の関与が証明されており、頚癌の60%以上がHPV-16、約10%はHPV-18の感染により起きている。そこで、これらのHPV型に対する2価ワクチンの効果と安全性を調べる無作為割付比較対照試験が、米国とブラジルで行われた。詳細はLancet誌11月13日号に報告された。

 既に、L1ウイルス様粒子に基づくHPVワクチンが感染と異形成の予防に有望であることが示されており、2002年にはHPV-16に対するL1ウイルス様粒子の効果も示された。

 今回は、HPV-16に対するL1ウイルス様粒子とHPV-18に対するL1ウイルス様粒子を混合、接種して、HPV感染の発生、持続感染の成立、異形成(子宮頚部上皮内腫瘍)の発生をそれぞれ予防する効果と、免疫原性、安全性、忍容性を評価した。

 血清検査とPCR検査でHPV-16/18の感染がないことが確認された15〜25歳の女性1113人に、ワクチンとアジュバント、または偽薬が、試験開始時、1カ月後、半年後の3回投与された。

 評価は、子宮頚部細胞診、および子宮頚膣部から自己採取した標本を対象に27カ月まで行われた。得られた結果によると、ワクチン接種は、HPN-16/18の感染を91.6%予防、持続感染は100%予防できた。また、異形成の発生を防ぐ効果は92.9%だった。免疫原性も高く、安全性と忍容性も示された。従って、この2価ワクチンの接種により、子宮頚癌の発症率を減らせる可能性が示されたことになる。

 原題は「Efficacy of a bivalent L1 virus-like particle vaccine inprevention of infection with human papillomavirus types 16 and 18 in youngwomen: a randomised controlled trial」、 現在全文がこちらで閲覧できる(Lancet氏への登録が必要です)。 
(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256