2004.11.15

「混合診療の全面解禁はない」 日経ヘルスケア21・15周年記念セミナーで二木立・日本福祉大教授

 政府の規制改革・民間開放推進会議などが求めている混合診療の全面解禁について、日本福祉大学教授の二木立氏は、日経ヘルスケア21が11月7日に開いた創刊15周年記念セミナーの基調講演で「今後も混合診療の全面解禁はありえず、最終的には昨年の一連の閣議決定通り、特定療養費制度の見直し、すなわち拡大で両者の妥協が成立するだろう」と今後の議論の見通しを語った。

 二木氏はその理由として、(1)混合診療全面解禁のためには医療保険制度の根幹をなす現物給付原則の廃止が不可欠だが、そのような抜本改革は不可能、(2)現行の特定療養費制度は管理された限定的混合診療であり、その拡大でも混合診療を解禁という解釈が可能、(3)厚生労働省と日本医師会は、混合診療解禁には反対しているが、特定療養費制度拡大には賛成している、(4)混合診療全面解禁の旗振り役である宮内義彦・規制改革・民間開放推進会議議長(オリックス会長)が一連のプロ野球の合併・再編問題で“悪役”となり国民の支持を得られなくなっていること、(5)新厚生大臣に厚生族の一員である尾辻秀久参議院議員を指名したこと−−の5つを挙げた。

 なお、中央社会保険医療協議会は10日に総会を開いて混合診療についての議論をスタートさせた。今後、積極派、慎重派の双方から参考人を呼び、ヒアリングを行うなどした上で、議論を進めていく予定。
(千田敏之、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176