2004.11.15

「混合診療の全面解禁はない」 日経ヘルスケア21・15周年記念セミナーで二木立・日本福祉大教授

 政府の規制改革・民間開放推進会議などが求めている混合診療の全面解禁について、日本福祉大学教授の二木立氏は、日経ヘルスケア21が11月7日に開いた創刊15周年記念セミナーの基調講演で「今後も混合診療の全面解禁はありえず、最終的には昨年の一連の閣議決定通り、特定療養費制度の見直し、すなわち拡大で両者の妥協が成立するだろう」と今後の議論の見通しを語った。

 二木氏はその理由として、(1)混合診療全面解禁のためには医療保険制度の根幹をなす現物給付原則の廃止が不可欠だが、そのような抜本改革は不可能、(2)現行の特定療養費制度は管理された限定的混合診療であり、その拡大でも混合診療を解禁という解釈が可能、(3)厚生労働省と日本医師会は、混合診療解禁には反対しているが、特定療養費制度拡大には賛成している、(4)混合診療全面解禁の旗振り役である宮内義彦・規制改革・民間開放推進会議議長(オリックス会長)が一連のプロ野球の合併・再編問題で“悪役”となり国民の支持を得られなくなっていること、(5)新厚生大臣に厚生族の一員である尾辻秀久参議院議員を指名したこと−−の5つを挙げた。

 なお、中央社会保険医療協議会は10日に総会を開いて混合診療についての議論をスタートさせた。今後、積極派、慎重派の双方から参考人を呼び、ヒアリングを行うなどした上で、議論を進めていく予定。
(千田敏之、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22