2004.11.15

【AHA2004速報】 エコノミークラス症候群による血栓発生、弾性ストッキング装着+運動で4分の1に

 心血管疾患など、中程度以上のリスクを持つ人が長時間、飛行機に乗る場合、市販の弾性ストッキングの装着がエコノミークラス症候群の予防に有効なようだ。イタリアのChieti UniversityのBelcaro Gianni氏らの研究グループが11月9日のポスターセッションで報告した。Gianni氏らの研究グループは飛行機搭乗時のDVTの発生とその予防について、ここ数年来、弾性ストッキングやアスピリンなどによる様々な介入研究を実施している。

 今回の介入試験では、エコノミークラス症候群について中程度、または高いリスクを持つ1000人を2つのグループに分け、長時間(8〜13時間)の飛行中、介入群には膝下までのハイソックス型弾性ストッキング(英SSL International社のScholl Flight Socks)を着用させ、エクササイズを実施してもらった。

 飛行後に超音波スキャン装置を用いて脚部の静脈を検査したところ、ストッキングを装着したグループ(平均年齢46歳、男性51%)では、1.1%に膝下の深部動脈血栓症(DVT)が見つかったのに対し、対照群(平均年齢47歳、男性54%)では、4倍超の4.6%(ほぼ22人に1人)にDVTが確認され、介入群ではDVTの発生が有意に少なかった。介入群と対照群で年齢、性、DVTリスクは同等だった。発生したDVTの91%が無症候だったという。

 上記の結果は中程度以上のリスク群におけるものだが、1回の長時間飛行で数十人に1人の割合で無自覚の血栓が発生しているという指摘は注目に値する。飛行機搭乗をはじめ、入院や長時間の自動車旅行、パソコン作業などでは、DVT対策を積極的に実行する必要がありそうだ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:16
  3. 実態と乖離、ずさんな開業計画書に要注意 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  4. 患者を「監視」していないか? 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:42
  5. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:136
  6. 医師への時間外労働規制の適用は5年後に 政府が「働き方改革実行計画」を決定 FBシェア数:131
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:70
  8. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  9. アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:80
  10. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:335