2004.11.15

【AHA2004速報】 エコノミークラス症候群による血栓発生、弾性ストッキング装着+運動で4分の1に

 心血管疾患など、中程度以上のリスクを持つ人が長時間、飛行機に乗る場合、市販の弾性ストッキングの装着がエコノミークラス症候群の予防に有効なようだ。イタリアのChieti UniversityのBelcaro Gianni氏らの研究グループが11月9日のポスターセッションで報告した。Gianni氏らの研究グループは飛行機搭乗時のDVTの発生とその予防について、ここ数年来、弾性ストッキングやアスピリンなどによる様々な介入研究を実施している。

 今回の介入試験では、エコノミークラス症候群について中程度、または高いリスクを持つ1000人を2つのグループに分け、長時間(8〜13時間)の飛行中、介入群には膝下までのハイソックス型弾性ストッキング(英SSL International社のScholl Flight Socks)を着用させ、エクササイズを実施してもらった。

 飛行後に超音波スキャン装置を用いて脚部の静脈を検査したところ、ストッキングを装着したグループ(平均年齢46歳、男性51%)では、1.1%に膝下の深部動脈血栓症(DVT)が見つかったのに対し、対照群(平均年齢47歳、男性54%)では、4倍超の4.6%(ほぼ22人に1人)にDVTが確認され、介入群ではDVTの発生が有意に少なかった。介入群と対照群で年齢、性、DVTリスクは同等だった。発生したDVTの91%が無症候だったという。

 上記の結果は中程度以上のリスク群におけるものだが、1回の長時間飛行で数十人に1人の割合で無自覚の血栓が発生しているという指摘は注目に値する。飛行機搭乗をはじめ、入院や長時間の自動車旅行、パソコン作業などでは、DVT対策を積極的に実行する必要がありそうだ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256