2004.11.15

【AHA2004速報】 エコノミークラス症候群による血栓発生、弾性ストッキング装着+運動で4分の1に

 心血管疾患など、中程度以上のリスクを持つ人が長時間、飛行機に乗る場合、市販の弾性ストッキングの装着がエコノミークラス症候群の予防に有効なようだ。イタリアのChieti UniversityのBelcaro Gianni氏らの研究グループが11月9日のポスターセッションで報告した。Gianni氏らの研究グループは飛行機搭乗時のDVTの発生とその予防について、ここ数年来、弾性ストッキングやアスピリンなどによる様々な介入研究を実施している。

 今回の介入試験では、エコノミークラス症候群について中程度、または高いリスクを持つ1000人を2つのグループに分け、長時間(8〜13時間)の飛行中、介入群には膝下までのハイソックス型弾性ストッキング(英SSL International社のScholl Flight Socks)を着用させ、エクササイズを実施してもらった。

 飛行後に超音波スキャン装置を用いて脚部の静脈を検査したところ、ストッキングを装着したグループ(平均年齢46歳、男性51%)では、1.1%に膝下の深部動脈血栓症(DVT)が見つかったのに対し、対照群(平均年齢47歳、男性54%)では、4倍超の4.6%(ほぼ22人に1人)にDVTが確認され、介入群ではDVTの発生が有意に少なかった。介入群と対照群で年齢、性、DVTリスクは同等だった。発生したDVTの91%が無症候だったという。

 上記の結果は中程度以上のリスク群におけるものだが、1回の長時間飛行で数十人に1人の割合で無自覚の血栓が発生しているという指摘は注目に値する。飛行機搭乗をはじめ、入院や長時間の自動車旅行、パソコン作業などでは、DVT対策を積極的に実行する必要がありそうだ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:324
  2. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1071
  3. 映画を通じて麻酔科医の仕事をより理解してほしい 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:26
  4. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:448
  5. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:62
  6. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:36
  7. 新薬の「14日間ルール」見直し求める トレンド(DIオンライン) FBシェア数:82
  8. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:81
  9. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:88
  10. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:94