2004.11.15

都が今冬のインフルエンザ流行を予測、A香港型が主で平均的規模に

 東京都は11月10日、今冬の都内のインフルエンザ流行予測を発表した。それによると、A香港型が主で平均的規模になるものの、例年より早い時期からの流行が予想されるという。

 都のまとめによると、本年秋の今季ワクチン株に対する都民の抗体保有率調査の結果、Aソ連型、A香港型、B型について過去14年間の平均的な値だった。しかし、平均的な抗体保有率であっても、A香港型は毎年流行していること、さらに、今夏、南半球でA香港型が流行し、日本国内でも8〜9月に複数の人からA香港型ウイルスが確認されたことから、A香港型が流行しやすいと予測した(写真;インフルエンザウイルスの電子顕微鏡による観察像、提供:東京都健康安全研究センター)。

 規模については、過去14年間の実績と今年度の抗体保有率から、都内インフルエンザ定点医療機関からの患者報告数を推計した。その数は、過去12年間で5位だったため、平均的な流行規模と予測した。

 立ち上がりについては、41〜44週(10月4日〜31日)の都内インフルエンザ定点医療機関からの報告数が95件と例年に比べ多く、このため「早い時期からの流行」と予測している。

 なお、インフルエンザの予防対策については、「予防接種の効果」と「日常的な予防」を重視。
 
 都内で10月に発生したインフルエンザウイルス株を解析した結果、A香港型で今季ワクチン株「A/ワイオミング/03/2003」の近縁株であることが判明しているため、「予防接種によるワクチンの効果が期待できる」としている。

 また、「日常的な予防」としては、うがい、手洗いの励行、湿度の保持等に努めることが大切と強調。また、「高齢者への予防接種は重症化、死亡を防ぐ点で効果ある」と言及している。(三和護)

*東京都の発表資料はこちら

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1054
  2. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:292
  3. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:432
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:16
  5. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:0
  6. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:62
  7. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:22
  8. 天井に届いた喀血 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:1
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:49
  10. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:56