2004.11.12

日経メディカル開発、病医院のホームページ制作・更新・運営を完全代行するサービス「Web Medi-PR」開始 

 日経BPグループの医療専門出版社である日経メディカル開発はこのほど、病医院のホームページの制作・更新・運営代行サービス「Web Medi-PR」を本格的に開始した。

 インターネットは病医院選びの重要なツールの1つになっているが、大規模医療機関を除いて日本の中小病医院、診療所では、自前のホームページを持つところはそれほど多くはなく、インターネット上での患者への医療情報提供が十分に行われているとは言えない状況にある。こういった情報格差は、最終的に一般消費者・患者が医療機関を選択する際に大きな問題点となってくる可能性が指摘されている。

 そこで、日経メディカル開発は、これまで培ってきた対患者広報の蓄積ノウハウを元に、病医院のホームページ作成・運営代行サービス「Web Medi-P」を、この10月から本格的に開始、医療機関の広報活動を全面的にサポートする。

 「Web Medi-PR」は、ホームページ開設・運営にともなう様々なすべての作業を病医院に代わって行うもので、より手軽により低コストで病医院のホームページ管理を実現できるという。

 なお、日経メディカル開発ではサービス本格開始を記念し、2004年10月1日から12月20日までのキャンペーン期間に“Web Medi-PR”申込みの方に限り、初期費用15万円(税別)を特別料金5万円(税別)で受け付ける。

 問い合わせは、日経メディカル開発(http://medicalkaihatu.nikkeibp.co.jp/、TEL:03−6811−8780 )まで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55