2004.11.12

慢性血管性心疾患の冠動脈に骨髄幹細胞を注入、左室駆出分画率やNYHAクラスで改善

 慢性血管性心疾患の人の冠動脈に、骨髄幹細胞を注入することで、左室駆出分画率(LVEF)や心不全分類のNYHAで改善が見られたと同時に、こうした介入の安全性が確認された。ドイツFrankfurt大学のBirgit Assmus氏が、11月9日の一般口演で発表した。

 Assmus氏らは、3カ月以上前に心筋梗塞を発症した人、合わせて95人について、試験を行った。研究グループは被験者を3群に分け、1群には血液中の血管内皮前駆細胞(CPC)を、もう1群には骨髄幹細胞(BMC)を、それぞれ冠動脈に注入した。3群目は対照群として、何も行わなかった。

 3カ月後にLVEFについて調べたところ、プラセボ群では治療前と有意差がなかったのに対し、CPC群では42.0%から43.3%に上昇(p=0.033)、BMC群ではその差は更に大きく、40.8%から43.6%に上がった(p=0.001)。プラセボ群と比べて有意差があったのは、BMC群のみだった(p=0.003)。BMC群は治療前と後のNYHAでも、有意な改善が見られた(p=0.034)。

 さらにBMC群ではまた、治療の前後で、部分的な心筋収縮性についても有意に改善し(p<0.001)、血清ANP値も有意に低下した(p=0.003)。

 会場からは、「BMCに含まれる何かが、心機能の改善に関与していることを示したのは非常に面白い。この結果を元にさらに基礎研究を進めることで、具体的に何が関与しているのかを見つけ出し、新たな治療法の開発につながるのではないか」とする意見があった。
(アンドリュー・テンヘイブ、當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 小児喘息へのツロブテロール貼付剤は2週間まで 解説◎5年ぶり改訂の小児喘息ガイドライン、どこが変わった? FBシェア数:31
  2. 2040年に増える科、減る科 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  3. 臨床研究の「厳格化」にどう立ち向かうか ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:21
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:107
  5. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:668
  7. 「ママのお腹の中に戻って女の子に生まれ直したい」… 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:6
  8. 仕事が遅い新人看護師、時間外労働の限度は? ナースのためのアモーレ労働相談 FBシェア数:14
  9. 「転んだ後に腰が痛い」を映像化して見えたもの 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:3
  10. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
医師と医学研究者におすすめの英文校正