2004.11.12

慢性血管性心疾患の冠動脈に骨髄幹細胞を注入、左室駆出分画率やNYHAクラスで改善

 慢性血管性心疾患の人の冠動脈に、骨髄幹細胞を注入することで、左室駆出分画率(LVEF)や心不全分類のNYHAで改善が見られたと同時に、こうした介入の安全性が確認された。ドイツFrankfurt大学のBirgit Assmus氏が、11月9日の一般口演で発表した。

 Assmus氏らは、3カ月以上前に心筋梗塞を発症した人、合わせて95人について、試験を行った。研究グループは被験者を3群に分け、1群には血液中の血管内皮前駆細胞(CPC)を、もう1群には骨髄幹細胞(BMC)を、それぞれ冠動脈に注入した。3群目は対照群として、何も行わなかった。

 3カ月後にLVEFについて調べたところ、プラセボ群では治療前と有意差がなかったのに対し、CPC群では42.0%から43.3%に上昇(p=0.033)、BMC群ではその差は更に大きく、40.8%から43.6%に上がった(p=0.001)。プラセボ群と比べて有意差があったのは、BMC群のみだった(p=0.003)。BMC群は治療前と後のNYHAでも、有意な改善が見られた(p=0.034)。

 さらにBMC群ではまた、治療の前後で、部分的な心筋収縮性についても有意に改善し(p<0.001)、血清ANP値も有意に低下した(p=0.003)。

 会場からは、「BMCに含まれる何かが、心機能の改善に関与していることを示したのは非常に面白い。この結果を元にさらに基礎研究を進めることで、具体的に何が関与しているのかを見つけ出し、新たな治療法の開発につながるのではないか」とする意見があった。
(アンドリュー・テンヘイブ、當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 蔓延するE型肝炎ウイルスを侮るな リポート◎年間新規感染者は15万人、免疫抑制下では劇症化リスクも FBシェア数:99
  2. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:749
  3. 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 FBシェア数:3
  4. 20歳を過ぎた「スターバースト」には要注意! 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:8
  5. 私がナースに戻ったワケ 病院珍百景 FBシェア数:2
  6. 検査は身体診察による診断の「答え合わせ」 特集◎検査の賢い減らし方《実践編3》 FBシェア数:36
  7. ギプス固定で肺塞栓、当時の医療水準に照らして予防… 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  8. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  9. リコンは本当に多い? カデット特集●医者の離婚 FBシェア数:1
  10. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:25