2004.11.12

慢性血管性心疾患の冠動脈に骨髄幹細胞を注入、左室駆出分画率やNYHAクラスで改善

 慢性血管性心疾患の人の冠動脈に、骨髄幹細胞を注入することで、左室駆出分画率(LVEF)や心不全分類のNYHAで改善が見られたと同時に、こうした介入の安全性が確認された。ドイツFrankfurt大学のBirgit Assmus氏が、11月9日の一般口演で発表した。

 Assmus氏らは、3カ月以上前に心筋梗塞を発症した人、合わせて95人について、試験を行った。研究グループは被験者を3群に分け、1群には血液中の血管内皮前駆細胞(CPC)を、もう1群には骨髄幹細胞(BMC)を、それぞれ冠動脈に注入した。3群目は対照群として、何も行わなかった。

 3カ月後にLVEFについて調べたところ、プラセボ群では治療前と有意差がなかったのに対し、CPC群では42.0%から43.3%に上昇(p=0.033)、BMC群ではその差は更に大きく、40.8%から43.6%に上がった(p=0.001)。プラセボ群と比べて有意差があったのは、BMC群のみだった(p=0.003)。BMC群は治療前と後のNYHAでも、有意な改善が見られた(p=0.034)。

 さらにBMC群ではまた、治療の前後で、部分的な心筋収縮性についても有意に改善し(p<0.001)、血清ANP値も有意に低下した(p=0.003)。

 会場からは、「BMCに含まれる何かが、心機能の改善に関与していることを示したのは非常に面白い。この結果を元にさらに基礎研究を進めることで、具体的に何が関与しているのかを見つけ出し、新たな治療法の開発につながるのではないか」とする意見があった。
(アンドリュー・テンヘイブ、當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:60
  2. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:119
  3. 80歳代女性。発熱 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  4. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:18
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  6. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:3
  7. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:80
  8. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:40
  9. 集約化を進めれば地域の産科医療は崩壊する シリーズ◎産科診療所での無痛分娩は是か非か FBシェア数:57
  10. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:179