2004.11.11

インフルエンザ、10の疑問を解く−−日経メディカルの特集

 ここ数年、インフルエンザ診療では、ワクチン、迅速診断キット、抗インフルエンザウイルス薬という、“三種の神器”の使用経験が確実に蓄積されてきた。同時に、新たな知見や問題も浮上している。流行シーズンの到来を目前にした今、臨床医が押さえておくべきポイントを、10の疑問とその答えで整理した。

最新号表紙画像 日経メディカル11月号では、「インフルエンザ、10の疑問を解く」について特集しています。このほかの主な内容は下記の通り。

インタビュー
 国立感染症研究所ウイルス第三部部長・田代眞人氏
 新型インフルエンザ流行の可能性は?
 大流行を想定し万全の準備を

トレンドビュー
・感染力強い新型真菌症が拡大中
・高血圧新指針で高齢者は「140/90」へ
・触らなくても接触皮膚炎に
・こんな勤務医が開業医から慕われる
・脳神経外科学会の“手作り”国際化
・臨床研修マッチングで定員割れ大学続出

 詳しくは、日経メディカル11月号(11月10日発売)のトレンドビューをお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

■ 関連トピックス ■
◆ 2004.11.9 取材後記・余話】 日経メディカル11月号特集 「インフルエンザ 10の疑問を解く」

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:150
  2. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:27
  3. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:190
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:101
  5. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:37
  6. セレコックスが増えたのは薬剤師のせい!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:55
  7. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:66
  8. 切除不能膵癌のconversion surger… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:10
  9. ゲノムに基づく戦略に進化した肺癌診療 特集◎癌ゲノム医療がやって来る《1》 FBシェア数:21
  10. 高強度スタチン治療で末梢動脈疾患の転帰改善 Circulation誌から FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正