2004.11.11

【AHA2004速報】 ICD装着で延命のために支払う医療費は余命1年当たり3万3000ドル

 うっ血性心不全の人に植え込み型電気的除細動装置(ICD)を装着することで、期待余命が長くなることはこれまでの研究で明らかになったが、今回新たに、1年間余命を延長するために支払う医療費は、3万3192ドルになることが分かった。うっ血性心不全へのICD装着は、先進国においてはコスト的に許容範囲の医療行為だと言えそうだ。米Duke Clinical Research InstituteのDaniel B. Mark氏が、11月10日のレイトブレイキング・セッションで発表した。

 この調査は、うっ血性心不全の人に対するICD装着と抗不整脈薬アミオダロンのそれぞれの効果を、プラセボと比較した試験「SCD-HeFT」の結果を元に分析したもの。SCD-HeFT試験の結果は昨年発表されており、ICDが死亡率を23%引き下げることが明らかになった一方で、アミオダロンはプラセボと差がないことが分かった。そこで今回、ICDの費用対効果を分析するにあたっては、プラセボ群とICD群とを比較した。

 SCD-HeFT試験の被験者は、NYHA分類のクラス2と3の安定うっ血性心不全の患者で、薬による標準的な治療を受けていた2521人。平均年齢は60歳で、うっ血性心不全と診断されてからの期間は平均25カ月、虚血性の人は52%を占めた。追跡期間の中央値は46カ月だった。

 同試験で使ったショックのみを行うICDの価格は、米国350カ所の病院の調査結果を元に、1万7500ドルとした。また、ICDの死亡率削減効果は、5年以降も同等に継続するものと仮定した。

 その結果、ICDを装着した場合、死ぬまでにかかる費用は、プラセボ群に比べて1人平均6万8388ドル高いことがわかった。期待余命については、ICD装着群の方がプラセボ群に比べ、平均で2.455年長かった。ICDを装着した場合、余命1年のために支払う追加コストを割り出すと、2万7718ドルとなった。これを年率3%の割引率を用いて補正すると、同コストは3万3192ドルとなった。

 またサブグループ分析では、心不全がNYHA分類のクラス2の人の方がICDの効果は高く、期待余命1年のために支払う追加コストは、1人2万5517ドルに抑えられるとしている。

 Mark氏によると、米国では余命1年当たり約5万ドルかかる慢性腎不全患者への血液透析を、公的医療保険で既に償還しているという。「そうした点から見ても、余命1年当たり5万ドルまでの追加費用であれば、社会的に許容範囲だと考えられる」と結んだ。
(アンドリュー・テンヘイブ、當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176