2004.11.10

【AHA2004速報】 開発中の抗不整脈薬Azimilide、心室頻拍性不整脈を予防しICDの作動を約半分に減少

 開発中のクラス3抗不整脈薬であるAzimilideが、症候性心室頻拍性不整脈を予防し、その結果、植え込み型電気的除細動装置(ICD)の作動を、およそ半分に減らすことが分かった。ICDは症候性不整脈が発症してからショックなどを与え治療を行うが、その予防効果はなく、抗不整脈薬でICDの作動を防ぐことで、患者のQOL(生活の質)は向上すると考えられている。カナダToronto大学のPaul Dorian氏が、11月8日のレイドブレイキング・セッションで発表した。なお現時点では、米国やヨーロッパにおいて、ICD装着者向けの抗不整脈薬は、まだ承認されていないという。

 Dorian氏らは、ICDを装着する633人を対象に、無作為化プラセボ対照二重盲検試験を、9カ国、121カ所の医療機関で行った。研究グループは被験者を3群に分け、Azimilide 75mg/日、125mg/日、プラセボをそれぞれ投与し、1年間治療を続けた。

 その結果、期間中に発生した原因を問わないICDショックと抗頻脈ペーシングによって中止した心室頻脈発作について見てみると、その発生リスクは、プラセボ群に比べ、Azimilide 75mgは0.43倍(ハザード比:0.43、95%信頼区間:0.26〜0.69、P=0.0006)、Azimilide 125mgでは0.53倍(同:0.53、同:0.34〜0.83、P=0.0053)と、およそ半分に減少した。

 また、誤作動などを除いたICDショックと抗頻脈ペーシングによって中止した心室頻脈発作を合わせた発生リスクも、プラセボ群に比べ、Azimilide 75mgは0.52倍(ハザード比:0.52、95%信頼区間:0.30〜0.89、P=0.017)、Azimilide 125mgでは0.38倍(同:0.38、同:0.22〜0.65、P=0.0004)と大幅に減少した。

 なお同研究結果は、発表と同時に、米国心臓病学会の雑誌であるCirculation誌にオンラインで発表されている。論文のタイトルは、「Placebo-Controlled, Randomized Clinical Trial of Azimilide for Prevention of Ventricular Tachyarrhythmias in Patients With an Implantable Cardioverter Defibrillator」。

(アンドリュー・テンヘイブ、當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:72
  2. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:597
  3. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:439
  4. 知っているようで知らない「かぜ」を科学する かぜ診療での“困った”に答えます FBシェア数:138
  5. 「一度入れた人工呼吸器は外せない」は誤解 インタビュー◎医療の有益性より患者の意思を尊重すべし FBシェア数:369
  6. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:74
  7. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  8. 「医院に接遇はいらない」と反発した職員の真意 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:246
  9. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  10. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正