2004.11.10

2型糖尿病で高血圧症の患者へのβ遮断薬投与は、カルベジロールがメトプロロールより有効

 2型糖尿病で高血圧症の患者で、既にレニン・アンジオテンシン系(RAS)遮断薬を服用している患者に対し、血圧コントロールを目的にβ(ベータ)遮断薬を投与する際には、カルベジロールがメトプロロールよりも有効であることが明らかになった。多くのβ遮断薬は、2型糖尿病患者に対して降圧効果がある一方で、血糖値が上がってしまうことが知られているが、カルベジロールはヘモグロビンA1C(HbA1c)値を上げることなく血圧をコントロールでき、その点で同じβ遮断薬のメトプロロールより有効であることが分かった。11月9日のレイトブレイキング・セッションで米Rush大学メディカルセンターのGeorge L. Bakris氏が発表した。

 Bakris氏らは、2型糖尿病患者で高血圧症の患者で、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬などのRAS遮断薬を服用している1235人について、無作為化二重盲検試験を行った。被験者の年齢は30〜80歳、HbA1c値は6.5〜8.5%、収縮期血圧(SBP)は130〜179mmHg、拡張期血圧(DBP)は80〜109mmHgだった。被験者は2群に分かれ、一方にはカルベジロール(498人)を、もう一方にはメトプロロール(737人)を、それぞれ1日2回投与した。血圧の目標値は試験開始時の血圧によって異なり、SBPは130〜135mmHg、DBPは80〜85mmHgだった。必要に応じて、ヒドロクロロチアジド12.5mgとジヒドロピリジン系カルシウム拮抗薬も投与した。

 5カ月後にHbA1c値について調べたところ、カルベジロール群は試験開始時から変わっていなかったのに対し、メトプロロール群では0.15%増加した(p<0.001)。この値について、カルベジロール群とメトプロロール群を比較すると、その差は0.13%だった(p=0.004)。また、HbA1c値の増加が1%を超えた人の割合は、メトプロロール群では14.2%だったのに対し、カルベジロール群では7%に留まった。

 また、血圧を目標値に引き下げるために投与したそれぞれの平均1回用量は、メトプロロール群では128mgと通常の処方量を上回ったのに対し、カルベジロール群では17.5mgで済んだ。さらに、インスリン感受性の改善は、カルベジロール群でのみ認められた(−9%、p=0.004)。

 Bakris氏は、「2型糖尿病の患者で心血管疾患リスクが適切にコントロールされている人の割合は少ないため、今回の研究結果は重要である」と強調した。なお、この研究結果は、JAMA誌11月10日号に掲載される。
(アンドリュー・テンヘイブ、當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0