2004.11.10

2型糖尿病で高血圧症の患者へのβ遮断薬投与は、カルベジロールがメトプロロールより有効

 2型糖尿病で高血圧症の患者で、既にレニン・アンジオテンシン系(RAS)遮断薬を服用している患者に対し、血圧コントロールを目的にβ(ベータ)遮断薬を投与する際には、カルベジロールがメトプロロールよりも有効であることが明らかになった。多くのβ遮断薬は、2型糖尿病患者に対して降圧効果がある一方で、血糖値が上がってしまうことが知られているが、カルベジロールはヘモグロビンA1C(HbA1c)値を上げることなく血圧をコントロールでき、その点で同じβ遮断薬のメトプロロールより有効であることが分かった。11月9日のレイトブレイキング・セッションで米Rush大学メディカルセンターのGeorge L. Bakris氏が発表した。

 Bakris氏らは、2型糖尿病患者で高血圧症の患者で、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬などのRAS遮断薬を服用している1235人について、無作為化二重盲検試験を行った。被験者の年齢は30〜80歳、HbA1c値は6.5〜8.5%、収縮期血圧(SBP)は130〜179mmHg、拡張期血圧(DBP)は80〜109mmHgだった。被験者は2群に分かれ、一方にはカルベジロール(498人)を、もう一方にはメトプロロール(737人)を、それぞれ1日2回投与した。血圧の目標値は試験開始時の血圧によって異なり、SBPは130〜135mmHg、DBPは80〜85mmHgだった。必要に応じて、ヒドロクロロチアジド12.5mgとジヒドロピリジン系カルシウム拮抗薬も投与した。

 5カ月後にHbA1c値について調べたところ、カルベジロール群は試験開始時から変わっていなかったのに対し、メトプロロール群では0.15%増加した(p<0.001)。この値について、カルベジロール群とメトプロロール群を比較すると、その差は0.13%だった(p=0.004)。また、HbA1c値の増加が1%を超えた人の割合は、メトプロロール群では14.2%だったのに対し、カルベジロール群では7%に留まった。

 また、血圧を目標値に引き下げるために投与したそれぞれの平均1回用量は、メトプロロール群では128mgと通常の処方量を上回ったのに対し、カルベジロール群では17.5mgで済んだ。さらに、インスリン感受性の改善は、カルベジロール群でのみ認められた(−9%、p=0.004)。

 Bakris氏は、「2型糖尿病の患者で心血管疾患リスクが適切にコントロールされている人の割合は少ないため、今回の研究結果は重要である」と強調した。なお、この研究結果は、JAMA誌11月10日号に掲載される。
(アンドリュー・テンヘイブ、當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専門医制度も働き方改革も、好きにしてくださいな(… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:99
  2. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:85
  3. カンマの打ち方で意味が全く変わりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:20
  4. 日本脳神経外科学会がNCDから離脱したワケ 非手術症例も登録する独自データベースの運用を開始 FBシェア数:53
  5. 医療事故調の院内調査に弁護士の介入は要らない シリーズ◎どうする医療事故調制度 FBシェア数:33
  6. 心筋梗塞患者のせん妄治療に何を使う? BMJ誌から FBシェア数:160
  7. 血液ガス生理のバイブル 医学書ソムリエ FBシェア数:6
  8. 急性膵炎 動画で学ぶ腹部エコー診療の実際 FBシェア数:8
  9. 腹腔鏡ではなくロボット手術でお願いします 記者の眼 FBシェア数:24
  10. 胸部CTの読影では肺外にも注意する 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:16
医師と医学研究者におすすめの英文校正