2004.11.10

【AHA2004速報】 2型糖尿病で高血圧症の患者へのβ遮断薬投与は、カルベジロールがメトプロロールより有効

 2型糖尿病で高血圧症の患者で、既にレニン・アンジオテンシン系(RAS)遮断薬を服用している患者に対し、血圧コントロールを目的にβ(ベータ)遮断薬を投与する際には、カルベジロールがメトプロロールよりも有効であることが明らかになった。多くのβ遮断薬は、2型糖尿病患者に対して降圧効果がある一方で、血糖値が上がってしまうことが知られているが、カルベジロールはヘモグロビンA1C(HbA1c)値を上げることなく血圧をコントロールでき、その点で同じβ遮断薬のメトプロロールより有効であることが分かった。11月9日のレイトブレイキング・セッションで米Rush大学メディカルセンターのGeorge L. Bakris氏が発表した。

 Bakris氏らは、2型糖尿病患者で高血圧症の患者で、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬などのRAS遮断薬を服用している1235人について、無作為化二重盲検試験を行った。被験者の年齢は30〜80歳、HbA1c値は6.5〜8.5%、収縮期血圧(SBP)は130〜179mmHg、拡張期血圧(DBP)は80〜109mmHgだった。被験者は2群に分かれ、一方にはカルベジロール(498人)を、もう一方にはメトプロロール(737人)を、それぞれ1日2回投与した。血圧の目標値は試験開始時の血圧によって異なり、SBPは130〜135mmHg、DBPは80〜85mmHgだった。必要に応じて、ヒドロクロロチアジド12.5mgとジヒドロピリジン系カルシウム拮抗薬も投与した。

 5カ月後にHbA1c値について調べたところ、カルベジロール群は試験開始時から変わっていなかったのに対し、メトプロロール群では0.15%増加した(p<0.001)。この値について、カルベジロール群とメトプロロール群を比較すると、その差は0.13%だった(p=0.004)。また、HbA1c値の増加が1%を超えた人の割合は、メトプロロール群では14.2%だったのに対し、カルベジロール群では7%に留まった。

 また、血圧を目標値に引き下げるために投与したそれぞれの平均1回用量は、メトプロロール群では128mgと通常の処方量を上回ったのに対し、カルベジロール群では17.5mgで済んだ。さらに、インスリン感受性の改善は、カルベジロール群でのみ認められた(−9%、p=0.004)。

 Bakris氏は、「2型糖尿病の患者で心血管疾患リスクが適切にコントロールされている人の割合は少ないため、今回の研究結果は重要である」と強調した。なお、この研究結果は、JAMA誌11月10日号に掲載される。
(アンドリュー・テンヘイブ、當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:29
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:470
  5. 8歳男児。主訴:血尿の精査 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  6. 常に良き観察者たれ!見えないものに目を向けろ 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:113
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1
  9. 注射器片手に「HIV陽性よ!」と叫ぶ患者 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:2
  10. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:150