2004.11.09

急性心筋梗塞後のレビパリン投与、アスピリンや再灌流療法と併用で30日後の死亡率が13%減

 急性心筋梗塞後に、レビパリンをアスピリンや冠動脈バイパス術といった再灌流療法と併用することで、発症30日後の死亡率は13%減少することがわかった。発症30日後の心筋梗塞のリスクも23%下がり、一方で脳卒中の発症率には差が見られなかった。心筋梗塞後の抗凝固薬の投与は、現場では広く行われているものの、その効果を実際に示す研究結果はこれが初めてという。11月8日のレイトブレイキング・セッションで、カナダMcMaster大学のSalim Yusuf氏が発表した。

 Yusuf氏らは、中国とインドで、急性心筋梗塞でST部上昇または新たな左脚ブロックが見られた1万5570人の患者を対象に試験を行った。全員に対してアスピリン投与を行い、適用の場合には再灌流療法も行った。そして被験者を2群に分け、低分子ヘパリンのレビパリンまたはプラセボを7日間投与した。

 その結果、7日後に死亡、心筋梗塞、脳卒中のいずれかを発症した人の割合は、プラセボ群が11.0%だったのに対し、レビパリン群は9.6%だった(ハザード比:0.87、95%信頼区間:0.79〜0.96)。30日後に同発症率について調べたところ、プラセボ群は13.6%だったのに対し、レビパリン群は11.8%だったハザード比:0.87、95%信頼区間:0.79〜0.95)。

 また30日後の死亡リスクは、レビパリン群はプラセボ群の0.87倍(ハザード比:0.87、同:0.79〜0.96)、心筋梗塞発症リスクは同0.77倍(ハザード比:0.77、同:0.62〜0.95)だった。

 さらに、レバピリン投与は症状が発症してからできるだけ早く始めると、より効果があることもわかった。30日後の死亡、心筋梗塞、脳卒中のいずれかの発症リスクについて見てみると、発症2時間以内に投与した人では、プラセボ群と比べたハザード比が0.70だったのに対し、2〜4時間では同比は0.81、4〜8時間では0.85、8時間以上では1.06だった。

 出血リスクはレバピリン群で増えたものの、1000人の治療対象グループに対してレバピリンを投与することで、17人に対する死亡、心筋梗塞、脳卒中のいずれかを予防でき、一方で生命にかかわる出血は1人、重度の出血は2人増えることになるため、全体としては治療効果が出血リスクを大幅に上回るとしている。

 Yusuf氏は、レビパリンは比較的安価で投与法も簡単なため、先進国に限らず発展途上国にとっても、今回の研究結果は重要であるとコメントした。
(アンドリュー・テンヘイブ、當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:30
  2. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:40
  3. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:12
  4. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  5. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:65
  6. 採血の上達に必要なモノとは!? 病院珍百景 FBシェア数:11
  7. 家畜に大量に使われるコリスチン、その対策は? 記者の眼 FBシェア数:44
  8. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:72
  9. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:21
  10. インフルエンザ迅速検査は必須? 医師1000人に聞きました FBシェア数:1