2004.11.09

急性心筋梗塞後のレビパリン投与、アスピリンや再灌流療法と併用で30日後の死亡率が13%減

 急性心筋梗塞後に、レビパリンをアスピリンや冠動脈バイパス術といった再灌流療法と併用することで、発症30日後の死亡率は13%減少することがわかった。発症30日後の心筋梗塞のリスクも23%下がり、一方で脳卒中の発症率には差が見られなかった。心筋梗塞後の抗凝固薬の投与は、現場では広く行われているものの、その効果を実際に示す研究結果はこれが初めてという。11月8日のレイトブレイキング・セッションで、カナダMcMaster大学のSalim Yusuf氏が発表した。

 Yusuf氏らは、中国とインドで、急性心筋梗塞でST部上昇または新たな左脚ブロックが見られた1万5570人の患者を対象に試験を行った。全員に対してアスピリン投与を行い、適用の場合には再灌流療法も行った。そして被験者を2群に分け、低分子ヘパリンのレビパリンまたはプラセボを7日間投与した。

 その結果、7日後に死亡、心筋梗塞、脳卒中のいずれかを発症した人の割合は、プラセボ群が11.0%だったのに対し、レビパリン群は9.6%だった(ハザード比:0.87、95%信頼区間:0.79〜0.96)。30日後に同発症率について調べたところ、プラセボ群は13.6%だったのに対し、レビパリン群は11.8%だったハザード比:0.87、95%信頼区間:0.79〜0.95)。

 また30日後の死亡リスクは、レビパリン群はプラセボ群の0.87倍(ハザード比:0.87、同:0.79〜0.96)、心筋梗塞発症リスクは同0.77倍(ハザード比:0.77、同:0.62〜0.95)だった。

 さらに、レバピリン投与は症状が発症してからできるだけ早く始めると、より効果があることもわかった。30日後の死亡、心筋梗塞、脳卒中のいずれかの発症リスクについて見てみると、発症2時間以内に投与した人では、プラセボ群と比べたハザード比が0.70だったのに対し、2〜4時間では同比は0.81、4〜8時間では0.85、8時間以上では1.06だった。

 出血リスクはレバピリン群で増えたものの、1000人の治療対象グループに対してレバピリンを投与することで、17人に対する死亡、心筋梗塞、脳卒中のいずれかを予防でき、一方で生命にかかわる出血は1人、重度の出血は2人増えることになるため、全体としては治療効果が出血リスクを大幅に上回るとしている。

 Yusuf氏は、レビパリンは比較的安価で投与法も簡単なため、先進国に限らず発展途上国にとっても、今回の研究結果は重要であるとコメントした。
(アンドリュー・テンヘイブ、當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:290
  2. 傍観者 じたばたナース FBシェア数:27
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:487
  4. あなたの水晶体を守る防護眼鏡の選び方 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:59
  5. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 地域包括ケアは「囲い込み」から「連合」へ 記者の眼 FBシェア数:141
  7. インフルエンザ脳症、今季初の死亡例 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:257
  8. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:16
  9. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:429
  10. 片麻痺+ショックの答えはほぼ1つ カデット特集●救急Tips99 FBシェア数:0