2004.11.09

本日配信したメールマガジン、Professional Mail AHA2004ダイレクト

 本日配信したメールマガジン「Professional Mail AHA2004ダイレクト」です。

MedWave Mail臨増/2004/11/9] 冠動脈疾患で高血圧症の人に対し、血圧コントロールで心房細動リスクを3分の1に削減

===================================

Professional Mail AHA2004ダイレクト No.1/2004/11/9 from MedWave 】
 |________  医療専門総合情報サイト MedWaveが発信するメールです。
  |_________  http://medical.nikkeibp.co.jp/
     |_________  http://medical.nikkeibp.co.jp/MED/aha2004/

===================================

■2004年の米国心臓協会学術集会が11月7日(現地時間)、米国ルイジアナ州ニューオーリンズで開幕しました。
 MedWaveはこれに合わせトピックスを速報するサイト「AHA2004ダイレクト」を開設しました。本日は11月8日にオンエアしたトピックスをメールマガジン「Professional Mail AHA2004ダイレクト No.1/2004/11/9 from MedWave」にまとめました。なお、このメールマガジンはプロフェッショナル・プログラムの登録者でメール配信を希望された方に配信しています。

=======================================================================
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆ 11.8 冠動脈疾患で高血圧症の人に対し、血圧コントロールで心房細動リスクを3分の1に削減
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/colm20/342557

 冠動脈疾患で高血圧症の人に対し、適切な血圧コントロールを行うことで、心房細動リスクを3分の1にまで削減することができるようだ。これまで、高血圧が心房細動の危険因子であることは知られていたが、一方で高血圧の人に対する適切な血圧コントロールが、心房細動の予防につながることを示す研究結果はなかったという。11月7日のポスターセッションで、米Lown Cardiovascular研究所のYinong Young-Xu氏が発表した。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆ 11.8 冠動脈性心疾患で左室機能がほぼ正常の人には、ACE阻害薬は不要の可能性
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/colm20/342383

 冠動脈性心疾患で左室機能がほぼ正常の人で、既に標準的治療を受けている場合には、加えてACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬を服用しても、心血管疾患による死亡や心筋梗塞、冠動脈再生術のリスクは変わらないとする研究結果が出た。これまで、ACE阻害薬が心不全患者の死亡や心筋梗塞リスクを減らす点などについては明らかになっていたものの、全ての冠動脈性心疾患の患者に投与すべきかどうかを示すエビデンスはなかった。これは、米国立衛生研究所(NIH)内のNational Heart, Lung, and Blood Institute(NHLBI)の研究グループが行った大規模試験「Prevention of Events with Angiotensin Converting Enzyme Inhibition」(PEACE)の結果で、11月7日のレイトブレイキング・セッションで、米Brigham and Women’s HospitalのMarc Pfeffer氏(写真)が発表した。米国心臓病学会(AHA)などの現状のガイドランとは相反するエビデンスとなった。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆ 11.8 胃バイパス手術で病的肥満の若年者の心疾患リスクを大幅に改善
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/colm20/342525

 平均体重が170kgという10代後半の超肥満者に対して胃バイパス手術を施行したところ、6カ月間にBMIが平均56から36へと20前後も下がり、左心室容量も大幅に改善した。症例が5例と少ないが、胃バイパス手術が病的肥満による心疾患リスクを長期的に減少させる有望な手段であることを示す研究として注目される。11月7日のポスターセッションで、米Cincinnati Children’s Hospital Medical CenterのHolly Ippisch氏(写真)が報告した。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆ 11.8 血栓溶解療法失敗後の救済的PCI、6カ月アウトカムで初めて効果を証明
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/colm20/342446

 急性心筋梗塞後に血栓溶解療法を行っても、血管が再開通しない場合、12時間以内に救済的経皮的冠動脈形成術(PCI)を行うことで、何もしない場合や血栓溶解療法を再度行った場合に比べ、6カ月後のアウトカムが大幅に良いことが初めて明らかになった。一方、血栓溶解療法を再度行っても、何もしない場合と効果は変わらないこともわかった。これは、11月7日の特別セッションで、英国Leicester大学のAnthony Gershlick氏が発表した。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆ 11.8 3万人が参加し、11月7日から4日間、ニューオーリンズで開催
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/colm20/342555

 米国ルイジアナ州ニューオーリンズで11月7日、心血管系では世界最大級の学術研究集会の1つである「AHA Scientific Session 2004」が開幕した。参加者数はおよそ3万人にのぼる。日本人研究者の姿も大変多く、研究室単位での団体参加があちらこちらで目にとまる。教育セッションなどと一般演題は、「基礎」「臨床」「疫学(地域)」に分類され、差し渡し1km近い巨大な会場の1〜3階をフルに使って開催されている。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

●プロフェッショナル・プログラムへは以下の画面からお入りください。
https://medwave.nikkeibp.co.jp/regist/MWLogin.jsp]
●プロフェッショナル・プログラムの登録内容の変更やプロフェッショナル・
メール配信停止は、以下の画面で手続きをお願い致します。
https://medwave.nikkeibp.co.jp/regist/MWUpdateUser.jsp]
●内容・記事に対するお問い合わせは miwa@nikkeibp.co.jp まで。
●新製品ニュースリリースなどの情報は medwave@nikkeibp.co.jp まで。
●プロフェッショナル・プログラムの登録は、以下の画面へ。
http://medical.nikkeibp.co.jp/MED/regi/index.html
●広告掲載をご希望の方は nm-ad@nikkeibp.co.jp へ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
Copyright(C)、日経BP社、2004 掲載記事の無断転載を禁じます。
〒102-8622 東京都千代田区平河町2-7-6
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
Copyright(C)1999-2004 Nikkei Business Publications Inc. All Rights Reserved

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180