2004.11.09

冠動脈疾患で高血圧症の人に対し、血圧コントロールで心房細動リスクを3分の1に削減

 冠動脈疾患で高血圧症の人に対し、適切な血圧コントロールを行うことで、心房細動リスクを3分の1にまで削減することができるようだ。これまで、高血圧が心房細動の危険因子であることは知られていたが、一方で高血圧の人に対する適切な血圧コントロールが、心房細動の予防につながることを示す研究結果はなかったという。11月7日のポスターセッションで、米Lown Cardiovascular研究所のYinong Young-Xu氏が発表した。

 Young-Xu氏らは、安定した冠動脈疾患の人で過去に高血圧症の診断を受けたことのある226人について、前向きに追跡調査を行った。血圧値は、追跡期間中の平均値を使った。被験者の平均年齢は68歳、79%が男性で、追跡期間は平均5年だった。

 追跡期間中、心房細動を発症したのは33人(15%)だった。これを元に血圧との関連を調べてみると、収縮期血圧を120mmHg未満に保つことで、心房細動の発症リスクは0.39倍(ハザード比:0.39、95%信頼区間:0.19〜0.98)に、また拡張期血圧を80mmHg未満に保つことで、同リスクは0.34倍(ハザード比:0.34、95%信頼区間:0.16〜0.72)にまで減少することがわかった。またサバイバル・モデルを用いて計算したところ、収縮期血圧が20mmHg上昇するごと
に、心房細動の発症リスクは1.71倍(ハザード比:1.71、95%信頼区間:1.03〜2.82)になるという。

 Young-Xu氏は、心房細動は効果的な治療法がないだけに、予防が重要であり、血圧コントロールによる予防効果が明らかになった意義は大きい、と話している。(アンドリュー・テンヘイブ、當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:2
  2. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:204
  3. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  4. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:134
  6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  7. 悩ましい新・看護必要度、先進病院の対策は? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 7対1看護から降りる病院、現場から反発も 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《2》 FBシェア数:151
  9. 小児急性中耳炎診療にある小児科と耳鼻咽喉科のギャ… 学会トピック◎第13回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 FBシェア数:10
  10. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:47
医師と医学研究者におすすめの英文校正