2004.11.09

冠動脈疾患で高血圧症の人に対し、血圧コントロールで心房細動リスクを3分の1に削減

 冠動脈疾患で高血圧症の人に対し、適切な血圧コントロールを行うことで、心房細動リスクを3分の1にまで削減することができるようだ。これまで、高血圧が心房細動の危険因子であることは知られていたが、一方で高血圧の人に対する適切な血圧コントロールが、心房細動の予防につながることを示す研究結果はなかったという。11月7日のポスターセッションで、米Lown Cardiovascular研究所のYinong Young-Xu氏が発表した。

 Young-Xu氏らは、安定した冠動脈疾患の人で過去に高血圧症の診断を受けたことのある226人について、前向きに追跡調査を行った。血圧値は、追跡期間中の平均値を使った。被験者の平均年齢は68歳、79%が男性で、追跡期間は平均5年だった。

 追跡期間中、心房細動を発症したのは33人(15%)だった。これを元に血圧との関連を調べてみると、収縮期血圧を120mmHg未満に保つことで、心房細動の発症リスクは0.39倍(ハザード比:0.39、95%信頼区間:0.19〜0.98)に、また拡張期血圧を80mmHg未満に保つことで、同リスクは0.34倍(ハザード比:0.34、95%信頼区間:0.16〜0.72)にまで減少することがわかった。またサバイバル・モデルを用いて計算したところ、収縮期血圧が20mmHg上昇するごと
に、心房細動の発症リスクは1.71倍(ハザード比:1.71、95%信頼区間:1.03〜2.82)になるという。

 Young-Xu氏は、心房細動は効果的な治療法がないだけに、予防が重要であり、血圧コントロールによる予防効果が明らかになった意義は大きい、と話している。(アンドリュー・テンヘイブ、當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:16
  3. 実態と乖離、ずさんな開業計画書に要注意 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  4. 患者を「監視」していないか? 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:42
  5. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:136
  6. 医師への時間外労働規制の適用は5年後に 政府が「働き方改革実行計画」を決定 FBシェア数:131
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:70
  8. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  9. アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:80
  10. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:335