2004.11.09

冠動脈疾患で高血圧症の人に対し、血圧コントロールで心房細動リスクを3分の1に削減

 冠動脈疾患で高血圧症の人に対し、適切な血圧コントロールを行うことで、心房細動リスクを3分の1にまで削減することができるようだ。これまで、高血圧が心房細動の危険因子であることは知られていたが、一方で高血圧の人に対する適切な血圧コントロールが、心房細動の予防につながることを示す研究結果はなかったという。11月7日のポスターセッションで、米Lown Cardiovascular研究所のYinong Young-Xu氏が発表した。

 Young-Xu氏らは、安定した冠動脈疾患の人で過去に高血圧症の診断を受けたことのある226人について、前向きに追跡調査を行った。血圧値は、追跡期間中の平均値を使った。被験者の平均年齢は68歳、79%が男性で、追跡期間は平均5年だった。

 追跡期間中、心房細動を発症したのは33人(15%)だった。これを元に血圧との関連を調べてみると、収縮期血圧を120mmHg未満に保つことで、心房細動の発症リスクは0.39倍(ハザード比:0.39、95%信頼区間:0.19〜0.98)に、また拡張期血圧を80mmHg未満に保つことで、同リスクは0.34倍(ハザード比:0.34、95%信頼区間:0.16〜0.72)にまで減少することがわかった。またサバイバル・モデルを用いて計算したところ、収縮期血圧が20mmHg上昇するごと
に、心房細動の発症リスクは1.71倍(ハザード比:1.71、95%信頼区間:1.03〜2.82)になるという。

 Young-Xu氏は、心房細動は効果的な治療法がないだけに、予防が重要であり、血圧コントロールによる予防効果が明らかになった意義は大きい、と話している。(アンドリュー・テンヘイブ、當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95