2004.11.09

【AHA2004速報】 冠動脈疾患で高血圧症の人に対し、血圧コントロールで心房細動リスクを3分の1に削減

 冠動脈疾患で高血圧症の人に対し、適切な血圧コントロールを行うことで、心房細動リスクを3分の1にまで削減することができるようだ。これまで、高血圧が心房細動の危険因子であることは知られていたが、一方で高血圧の人に対する適切な血圧コントロールが、心房細動の予防につながることを示す研究結果はなかったという。11月7日のポスターセッションで、米Lown Cardiovascular研究所のYinong Young-Xu氏が発表した。

 Young-Xu氏らは、安定した冠動脈疾患の人で過去に高血圧症の診断を受けたことのある226人について、前向きに追跡調査を行った。血圧値は、追跡期間中の平均値を使った。被験者の平均年齢は68歳、79%が男性で、追跡期間は平均5年だった。

 追跡期間中、心房細動を発症したのは33人(15%)だった。これを元に血圧との関連を調べてみると、収縮期血圧を120mmHg未満に保つことで、心房細動の発症リスクは0.39倍(ハザード比:0.39、95%信頼区間:0.19〜0.98)に、また拡張期血圧を80mmHg未満に保つことで、同リスクは0.34倍(ハザード比:0.34、95%信頼区間:0.16〜0.72)にまで減少することがわかった。またサバイバル・モデルを用いて計算したところ、収縮期血圧が20mmHg上昇するごと
に、心房細動の発症リスクは1.71倍(ハザード比:1.71、95%信頼区間:1.03〜2.82)になるという。

 Young-Xu氏は、心房細動は効果的な治療法がないだけに、予防が重要であり、血圧コントロールによる予防効果が明らかになった意義は大きい、と話している。(アンドリュー・テンヘイブ、當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1