2004.11.08

医師臨床研修マッチングの最終結果が公表、市中病院研修の人気強まる

 医師臨床研修マッチング協議会は10月28日、2005年度医師臨床研修マッチングプログラムの結果が明らかにした。マッチングによって研修先が決まった学生(8000人)のうち、市中病院に決定したのは47.3%(3784人)、大学病院へは52.7%(4216人)。昨年は市中病院41.2%、大学病院58.8%という割合であり、「卒後臨床研修は市中病院で」という流れが、今年は一層強まった。

 大学ごとの定員の充足率を見てみると、充足率が100%だったのは、東大、東京女子医大、福岡大、横浜市立大、京大の79大学中5大学(医学部を持つ大学・医科大学の本人分のみ集計)。昨年の11大学(参加は78大学)から半減し、大学病院は研修医の獲得に難航したことがうかがえる。

 一方、充足率の最下位は岡山大。昨年は37.7%だった充足率が、9.4%にまで落ち込んだ。昨年は充足率50%未満は9大学だったが、今年は18大学に増えた。

 現時点での研修プログラムの空席数は3122(市中病院1274、大学1848)。今回のマッチングで研修先が決まらなかったり、不参加だった学生は今後、個別に交渉をして研修先を決める。

 なお、病院別のマッチングの情報などは、医師臨床研修マッチング協議会のホームページで閲覧できる。
(中西奈美、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55