2004.11.08

Pharmaceutical Executive: 200億ドルをうかがう米国の医薬品マーケティング費(下)

 医薬品マーケティングの動向を決めているのは何だろうか。慢性的な薬価の低下や特許切れを迎える超大型薬の数々、冴えない新薬開発など、製薬業界を取り巻く経営環境は厳しい。製薬各社は少しでも経費を節約し、投資に対する利益を確保しようと躍起になっている。

 米国の広告会社BBDOのアン・デベロー氏は、「医薬品マーケティングにおいて、投資利益率(ROI)が重要視されるようになっている。従来からの訴求型マーケティングよりは、パーミション・マーケティングに代表される顧客との関係を重視するタイプのマーケティングの方が、ROIを測定しやすい。関係重視型マーケティングは、数字に基づいた手法だからだ」と話す。

 例えば、マス広告を含む様々な販促を打って処方せんの枚数が増えたとしても、そのうち広告がどの程度寄与したかを測定するのは困難だろう。これに対し、関係重視型マーケティングでは各顧客の行動を追跡できるため、効果測定も容易だ(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 毎日が帯状疱疹!?チョロい疾患と侮るなかれ 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:138
  2. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:404
  3. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:354
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 介護放棄を「殺人」と断罪できるか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:181
  6. 一足早く知りたい? 2018改定の注目点はココ! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:18
  7. 心停止時にこそ分かる医師と患者の信頼関係 リポート◎見込みのない心肺蘇生を回避するには(後編) FBシェア数:174
  8. リード不要、心室に留置するペースメーカー登場 トレンド◎心臓ペーシング治療、新時代 FBシェア数:650
  9. 新専門医制度のQ&A集を機構が公開 NEWS FBシェア数:4
  10. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:164