2004.11.08

Pharmaceutical Executive: 200億ドルをうかがう米国の医薬品マーケティング費(下)

 医薬品マーケティングの動向を決めているのは何だろうか。慢性的な薬価の低下や特許切れを迎える超大型薬の数々、冴えない新薬開発など、製薬業界を取り巻く経営環境は厳しい。製薬各社は少しでも経費を節約し、投資に対する利益を確保しようと躍起になっている。

 米国の広告会社BBDOのアン・デベロー氏は、「医薬品マーケティングにおいて、投資利益率(ROI)が重要視されるようになっている。従来からの訴求型マーケティングよりは、パーミション・マーケティングに代表される顧客との関係を重視するタイプのマーケティングの方が、ROIを測定しやすい。関係重視型マーケティングは、数字に基づいた手法だからだ」と話す。

 例えば、マス広告を含む様々な販促を打って処方せんの枚数が増えたとしても、そのうち広告がどの程度寄与したかを測定するのは困難だろう。これに対し、関係重視型マーケティングでは各顧客の行動を追跡できるため、効果測定も容易だ(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人事で形勢不利でも転職しなかった医師の覚悟 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:1
  2. 専門医から見て絶対NGな糖尿病診療とは シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:161
  3. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:134
  4. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  5. 飲酒時に緊急呼び出し、診療しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:18
  6. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:167
  7. 「記者の眼」も取り上げていた健診項目の怪 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:20
  8. 51歳男性。左下腿の潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:6
  10. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:43