2004.11.08

無承認ED治療薬にご注意、インターネット上で個人輸入代行業者が扱う

 厚生労働省は11月5日、勃起不全(ED)治療薬「レビトラ錠」に名前が似た無承認・無許可の医薬品「レビトラジェネリック」から、有効性や安全性が確認されていない医薬品成分が検出されたと発表した。薬事法違反に当たるばかりか、重篤な健康被害の発生が否定できないとし、消費者に安易な個人輸入をしないよう注意を呼び掛けている。

 厚労省によると、バルデナフィル(販売名;レビトラ錠)の輸入販売をしているバイエル薬品から、インターネット上の個人輸入代行業者が扱っていた「レビトラのジェネリック」と称する錠剤に、バルデナフィルは検出されず、構造不明の物質が検出されたとの情報提供があった。そのため、国立医薬品食品衛生研究所において分析した結果、やはりバルデナフィルは検出されず、シルデナフィルに類似した化学構造を有するホモシルデナフィルを含んでいることが判明した。

 ホモシルデナフィルを検出した製品の名称は、「Vardenafil Tablet 20mg」。インターネット上では「GLV」、「バルデナフィル錠(Vardenafil)」や「レビトラジェネリック(Levitra Generic)」と称して販売されていた。

 形状は錠剤。検査の結果、1錠中ホモシルデナフィル約20mgを検出した。しかし、1錠中バルデナフィルを20mg含有すると表示されていたが、バルデナフィルは検出されなかった。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55