2004.11.06

米国でVioxxの服用による急性心筋梗塞や心臓突然死は5年間で約2万7000イベント

 米国食品医薬品局(FDA)は11月2日、1999〜2003年の間に、選択的COX2阻害薬Vioxx(成分名: rofecoxib)の代わりに別の選択的COX2阻害薬であるcelecoxibを服用すれば避けられた急性心筋梗塞や心臓突然死は、2万7785イベントに上るとする研究報告書を公表した。これは、元々はFDAの内部報告書として、FDA医薬品安全局の副科学部長であるDavid J. Graham氏が9月30日に作成したもの。なおVioxxの製造元である米Merck & Co社は同日、心血管疾患イベントのリスク増加を理由に販売中止を決めている。

 同氏は、カリフォルニア州のHMOであるカイザー・パーマネンテの加入者で、1999〜2001年までにCOX2阻害薬を含めた非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)を服用した人、139万4764人について、229万5168患者・年に渡り追跡した。

 その結果、rofecoxibを1日25mg超服用した人の、入院を要する急性心筋梗塞と心臓突然死のリスクは、NSAIDの服用を中止した人の約3倍にも上ることがわかった(オッズ比3.15、95%信頼区間:1.14〜8.75)。また、同リスクについてcelecoxibと比較した場合のオッズ比は、rofecoxib1日25mg超では3.69(95%信頼区間:1.30〜10.45)、rofecoxib1日25mg以下では1.50(同:1.02〜2.21)だった。

 また、米国全体で1999〜2003年にかけて、rofecoxib1日25mg以下を服用した人は、589万3650患者・年に上り、celecoxibを服用していれば避けられたと考えられる急性心筋梗塞や心臓突然死は、1万4845イベントに上ると推定した。これは、rofecoxib1日25mg以下をcelecoxib の代わりに397人に1年間投与することで、1回のイベントが発症する割合になるという。さらに同期間、rofecoxib1日25mg超を服用した人は97万453人で、同じくcelecoxibの服用によって避けられたと考えられる急性心筋梗塞や心臓突然死は、1万2940イベントと推定した。これは、rofecoxib1日25mg超をcelecoxib の代わりに75人に1年間投与することで、1回のイベントが発生する割合になるという。

 詳しくは、FDAのVioxxに関するサイトの「9/30/2004 Study Report」まで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0