2004.11.05

2005年春は、花粉症にご注意! 04年の10〜20倍の大量飛散の予測

 この夏の猛暑の影響で2005年春には、スギやヒノキの花粉が2004年比で10〜20倍も多く飛ぶという予測が出た。11月4日にNPO花粉情報協会が開催した「2005年スギ花粉飛散予測セミナー」で、気象業務支援センターの村山貢司専任主任技師が明らかにしたもの。

 例年に比べても2、3倍の花粉量に相当し、花粉の大量飛散が避けられない見通し。花粉症の人にはつらい春になりそうだ。

 今年の夏は暑かった。東京では39.5℃の最高気温を記録、真夏日の日数も観測史上1位。このため、日照時間が長く、雨が少ないという、花粉の生育に絶好の条件がそろった。

 実際、スギ花粉をたわわに抱え込むスギの雄花の生育状況は良好で、「観測史上最高を記録した1995年に次ぐ、10年来の大飛散になる見込み。ヒノキも多い西日本では、観測史上最高の飛散量になるおそれもある」と村山専任主任技師は指摘する。

 前年の冷夏の影響で飛散量が激減した04年と比較すると、「特に飛散量が多いと予測される関東北部から近畿にかけては、前年比で20〜30倍飛ぶ地域もある」(村山専任主任技師)。なお、この夏の集中豪雨や10個の台風上陸は記憶に新しいが、「いずれも被害は局地的で、花粉飛散量にはほとんど影響ない」(村山専任主任技師)という。

 飛散開始は、暖冬の影響で例年よりもやや早くなる見込み。最も早く飛び始める関東・近畿・四国の南部と九州の北部では、2月10日が飛散開始予測日とされる。この「花粉飛散予測前線」は約1カ月かけて北上していくが、「飛散開始が1週間程度早くなる可能性がある」(村山専任主任技師)という。

 また、花粉の生育状況が良いだけに「飛び始めと同時に、爆発的に飛散する可能性がある。ヒノキもよく育っているので、5月の連休までダラダラと多量の花粉が飛びそう」とNPO花粉情報協会理事長の佐橋紀男・東邦大学薬学部教授は分析する。

“狂い咲き”で11月も要注意

 実はもう、スギ花粉は飛んでいる。

 例年、秋に生育を終えたスギ花粉は、冬の寒波で休眠し、2月中旬から飛び始める。ところがここ数年、猛暑や暖冬といった異常気象の影響で、休眠を待たずに秋に花粉が飛散する“狂い咲き”現象が起こっているようだ。

 特に今年は「すでに10月中にも2桁(1日、10平方センチメートル当たり)の花粉が観測された。これは過去に例がない」と佐橋理事長。秋の狂い咲きは「11月に一番多くなる。最高気温が20℃を超える暖かい日は要注意日」(佐橋理事長)という。

 こうした状況を背景に、花粉症対策のサプリメントや機能性食品の商品開発が活発で、この冬は花粉症をめぐる商戦が激化しそうだ。

 なお、秋の狂い咲き現象は、『日経ヘルス12月号』(現在発売中)で紹介している。また、05年春の花粉飛散予測は、『日経ヘルス2005年1月号(12月2日発売)』で詳しく紹介する予定。(小山千穂、日経ヘルス)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. 78歳女性。主訴:激しい胸痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:173
  3. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:146
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:399
  5. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:160
  6. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:606
  7. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:285
  8. いまの医師の好みはベンツよりハイブリッド車 医師1000人に聞きました FBシェア数:207
  9. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  10. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1