2004.11.05

【レビュー】閉塞性睡眠時無呼吸患者に麻酔が与えるリスクとそれに対する予防措置

 中年女性の2%、中年男性の4%が閉塞性睡眠時無呼吸と推定される。そのうち、診断がついているのは20%にすぎない。患者は、この病気に対する治療か否かに関わらず、麻酔や鎮静などの処置により危険な状態になる可能性が高い。また、術後に呼吸器系や心肺に合併症を起こすリスクも高いという。オランダとドイツの研究者らが、これにどう対処すべきかを文献を基に再考し、British Medical Journal誌10月23日号に報告した。

 閉塞性睡眠時無呼吸患者は、一般的な外科手術または他の侵襲的な治療を麻酔下で行う場合に、合併症を起こしやすい。外科医と麻酔医は、診断がついていない閉塞性睡眠時無呼吸患者が多いことに留意せねばならない。術前に、麻酔医がスクリーニングを行うとよい。いびきや昼間の眠気など様々な症状が知られているが、この病気を示唆する病歴があり、肥満体で首が短く、舌が大きい患者には、睡眠ポリグラフ計による検査を行うべきだ。

 閉塞性睡眠時無呼吸のリスクが明らかな患者にはそれを伝えた上で、術前から術後の合併症の予防を試みることになる。麻酔の代替となる鎮痛法の選択も一案だろう。

 術前には、気道を狭める可能性を持つ薬剤の投与を避ける。気管内挿管が困難であることを良く認識し、そのための機器を使用する。挿管前の酸素吸入は有効だ。緊急時には早期の気管切開を考える。耳鼻咽喉外科医との協力は有用だ。術中は体位を考慮し、術後の咽頭の腫れを予防する薬剤を投与する。上部気道の手術後には、閉塞性睡眠時無呼吸の悪化が予想されるため、挿管期間を延ばす必要がある。特に鼻の手術の場合には、集中治療室における監視を怠ってはならない。

 いずれにしても、緊急時に備えて、この種の患者の気道管理のためのアルゴリズムを確立する必要がある。

 このレビューの原題は「Risks of general anaesthesia in people with obstructive sleep apnoea、全文がこちら(PDFファイル)で閲覧できる。 (大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97