2004.11.04

【ピックアップ】 高血圧治療中で毎日血圧を測定している「治療熱心な人」は約3割

 高血圧内服治療中で家庭血圧計を持っている人は9割近くに上るが、毎日血圧を測定している人は31.1%だったことが明らかになった。外来患者の家庭血圧と外来血圧の実態を調べた調査研究で分かったもので、社会保険滋賀病院の大道信之氏らが10月の日本高血圧学会で報告した。

 大道氏らは、2003年3月から5月までの3カ月間に同病院の外来を受診した高血圧病名のある220人(男性129人、女性91人)を対象に調査を行った。

 調査では、外来患者へのアンケート調査、家庭血圧を測定していた人の記録手帳の調査、カルテの記載調査などを実施した。

 その結果、家庭血圧計を持っていると回答した人は、196人(89.1%)、持っていないと回答した人は24人(10.9%)だった。高血圧患者が推定3500万人、家庭血圧計は3000万台と推測されており、1人当たり1台を前提とすると普及率は86%と計算される。社会保険滋賀病院の場合は、この推計値より高く、患者の意識は通常より高いといえる。

 家庭血圧計の種類では、上腕による血圧計が151人(77.0%)、手首計42人(21.4%)、指計3人(1.5%)だった。

 家庭血圧での測定回数を尋ねた結果は、「毎日」が69人(31.3%)、「週に4、5回」が9人(4.1%)、「週に2、3回」が41人(18.6%)、「週に1回」が38人(17.3%)、「その他・無」が63人(28.6%)だった(n=220)。
 
 これらの結果から研究グループは、「高血圧内服治療中で毎日血圧を測定している治療熱心な人は現在約3割」と結論付けた。日本高血圧学会指針では「毎日」を推奨しており、医療現場ではこの数字を如何にして上げていくかが課題の一つとなるだろう。

 なお、研究グループは家庭血圧計と外来血圧計の差も調べいるが、5mmHg以内が47.1%という結果が得られている(n=85)。5〜10mmHg以内が28.2%、10〜15mmHg以内が12.9%、15〜20mmHg以内が7.1%、20mmHg以上が4.7%となっており、精度のチェックも欠かせない。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:7
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:12
  3. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:7
  4. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:12
  5. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:222
  6. 山形県の麻疹感染で3次感染例を確認、研修医も感染 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:174
  7. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:432
  8. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  9. 日本人NVAFのための脳梗塞リスクスコア開発 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:109
  10. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1976