2004.11.04

【先取り!日経DI】 11月号特集は「小児にやさしい服薬指導」、ドイツ医療制度改革の影響についての現地リポートも

 日経ドラッグインフォメーションのホームページに掲載中のコラム、「先取り!日経DI」が更新されました。同コラムは、次の「日経DI」がどんな内容になるか、“さわり”を一足先に紹介したもの。月に2回、更新しており、毎月1日には当月10日発行号の、毎月16日には翌月10日発行号の中身を紹介しています。本日、更新分は11月10日発行号について。詳しい内容はこちら。

■■
ドイツ医療制度改革の薬局への影響を現地リポート

 11月号の特集は「小児にやさしい服薬指導」です。“くすり嫌い”のお子さんに苦い薬でもしっかり飲んでもらうための服薬指導の原則をまとめ、さらに、小児の服薬指導に経験豊富な薬剤師の“ワザ”を紹介しています。“ワザ”には、単に飲食物に混ぜるというだけではないユニークなものも取り上げました。このほか、吸入剤の使い方や、坐剤の上手な挿入法を保護者に指導するコツもまとめています。なかなか実用的な特集になったのではないかと思っています。

 特集のイラストは宇田川新聞さんにお願いしましたが、独特の雰囲気を持つ版画&イラストが見事にはまりました。こちらもお楽しみください。

 Report「2004年制度改革で追い込まれたドイツの薬局」は、S記者の現地取材による渾身の一本です。2004年1月のドイツの医療制度改革では、医療費抑制を目的とした思い切った保険給付の削減や、処方薬のメールオーダー解禁をはじめとする規制緩和などが実施されました。従来1薬剤師が1薬局しか経営できないなど、薬局に関する規制が保守的で、それゆえ薬局が地域に根づき薬剤師としての職能を発揮しやすいとされてきたドイツですが、今回の制度改革で、薬局・薬剤師をめぐる環境は激変しました。その内容と現場への影響をレポートしたこの記事は、日本の薬局・薬剤師の今後を考える上で、とても参考になると思います。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. 78歳女性。主訴:激しい胸痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:173
  3. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:146
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:399
  5. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:160
  6. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:606
  7. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:285
  8. いまの医師の好みはベンツよりハイブリッド車 医師1000人に聞きました FBシェア数:207
  9. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  10. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1