2004.11.04

【先取り!日経DI】 11月号特集は「小児にやさしい服薬指導」、ドイツ医療制度改革の影響についての現地リポートも

 日経ドラッグインフォメーションのホームページに掲載中のコラム、「先取り!日経DI」が更新されました。同コラムは、次の「日経DI」がどんな内容になるか、“さわり”を一足先に紹介したもの。月に2回、更新しており、毎月1日には当月10日発行号の、毎月16日には翌月10日発行号の中身を紹介しています。本日、更新分は11月10日発行号について。詳しい内容はこちら。

■■
ドイツ医療制度改革の薬局への影響を現地リポート

 11月号の特集は「小児にやさしい服薬指導」です。“くすり嫌い”のお子さんに苦い薬でもしっかり飲んでもらうための服薬指導の原則をまとめ、さらに、小児の服薬指導に経験豊富な薬剤師の“ワザ”を紹介しています。“ワザ”には、単に飲食物に混ぜるというだけではないユニークなものも取り上げました。このほか、吸入剤の使い方や、坐剤の上手な挿入法を保護者に指導するコツもまとめています。なかなか実用的な特集になったのではないかと思っています。

 特集のイラストは宇田川新聞さんにお願いしましたが、独特の雰囲気を持つ版画&イラストが見事にはまりました。こちらもお楽しみください。

 Report「2004年制度改革で追い込まれたドイツの薬局」は、S記者の現地取材による渾身の一本です。2004年1月のドイツの医療制度改革では、医療費抑制を目的とした思い切った保険給付の削減や、処方薬のメールオーダー解禁をはじめとする規制緩和などが実施されました。従来1薬剤師が1薬局しか経営できないなど、薬局に関する規制が保守的で、それゆえ薬局が地域に根づき薬剤師としての職能を発揮しやすいとされてきたドイツですが、今回の制度改革で、薬局・薬剤師をめぐる環境は激変しました。その内容と現場への影響をレポートしたこの記事は、日本の薬局・薬剤師の今後を考える上で、とても参考になると思います。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22