2004.11.04

【先取り!日経DI】 11月号特集は「小児にやさしい服薬指導」、ドイツ医療制度改革の影響についての現地リポートも

 日経ドラッグインフォメーションのホームページに掲載中のコラム、「先取り!日経DI」が更新されました。同コラムは、次の「日経DI」がどんな内容になるか、“さわり”を一足先に紹介したもの。月に2回、更新しており、毎月1日には当月10日発行号の、毎月16日には翌月10日発行号の中身を紹介しています。本日、更新分は11月10日発行号について。詳しい内容はこちら。

■■
ドイツ医療制度改革の薬局への影響を現地リポート

 11月号の特集は「小児にやさしい服薬指導」です。“くすり嫌い”のお子さんに苦い薬でもしっかり飲んでもらうための服薬指導の原則をまとめ、さらに、小児の服薬指導に経験豊富な薬剤師の“ワザ”を紹介しています。“ワザ”には、単に飲食物に混ぜるというだけではないユニークなものも取り上げました。このほか、吸入剤の使い方や、坐剤の上手な挿入法を保護者に指導するコツもまとめています。なかなか実用的な特集になったのではないかと思っています。

 特集のイラストは宇田川新聞さんにお願いしましたが、独特の雰囲気を持つ版画&イラストが見事にはまりました。こちらもお楽しみください。

 Report「2004年制度改革で追い込まれたドイツの薬局」は、S記者の現地取材による渾身の一本です。2004年1月のドイツの医療制度改革では、医療費抑制を目的とした思い切った保険給付の削減や、処方薬のメールオーダー解禁をはじめとする規制緩和などが実施されました。従来1薬剤師が1薬局しか経営できないなど、薬局に関する規制が保守的で、それゆえ薬局が地域に根づき薬剤師としての職能を発揮しやすいとされてきたドイツですが、今回の制度改革で、薬局・薬剤師をめぐる環境は激変しました。その内容と現場への影響をレポートしたこの記事は、日本の薬局・薬剤師の今後を考える上で、とても参考になると思います。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 85歳女性、心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  2. 医師の「肩書き」がモノを言うとき 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:110
  3. 49歳男性。発熱 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  4. あまりフレンドリーな医療者にならないようにしてい… 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:200
  5. 糖尿病患者に癌の発症が多いワケ 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:209
  6. スマホアプリによる血圧管理、上乗せ効果認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:81
  7. 抗体医薬の登場で片頭痛診療は大きく進歩します 慶應義塾大学神経内科専任講師の柴田護氏に聞く FBシェア数:213
  8. 2018改定で加算算定ルール変更、収入差10倍も 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:31
  9. 美人尼の介護を受けた晩年の良寛 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  10. 原発性アルドステロン症の機能検査で病型を予測 学会トピック◎第91回日本内分泌学会学術総会 FBシェア数:72
医師と医学研究者におすすめの英文校正