2004.11.04

【先取り!日経DI】 11月号特集は「小児にやさしい服薬指導」、ドイツ医療制度改革の影響についての現地リポートも

 日経ドラッグインフォメーションのホームページに掲載中のコラム、「先取り!日経DI」が更新されました。同コラムは、次の「日経DI」がどんな内容になるか、“さわり”を一足先に紹介したもの。月に2回、更新しており、毎月1日には当月10日発行号の、毎月16日には翌月10日発行号の中身を紹介しています。本日、更新分は11月10日発行号について。詳しい内容はこちら。

■■
ドイツ医療制度改革の薬局への影響を現地リポート

 11月号の特集は「小児にやさしい服薬指導」です。“くすり嫌い”のお子さんに苦い薬でもしっかり飲んでもらうための服薬指導の原則をまとめ、さらに、小児の服薬指導に経験豊富な薬剤師の“ワザ”を紹介しています。“ワザ”には、単に飲食物に混ぜるというだけではないユニークなものも取り上げました。このほか、吸入剤の使い方や、坐剤の上手な挿入法を保護者に指導するコツもまとめています。なかなか実用的な特集になったのではないかと思っています。

 特集のイラストは宇田川新聞さんにお願いしましたが、独特の雰囲気を持つ版画&イラストが見事にはまりました。こちらもお楽しみください。

 Report「2004年制度改革で追い込まれたドイツの薬局」は、S記者の現地取材による渾身の一本です。2004年1月のドイツの医療制度改革では、医療費抑制を目的とした思い切った保険給付の削減や、処方薬のメールオーダー解禁をはじめとする規制緩和などが実施されました。従来1薬剤師が1薬局しか経営できないなど、薬局に関する規制が保守的で、それゆえ薬局が地域に根づき薬剤師としての職能を発揮しやすいとされてきたドイツですが、今回の制度改革で、薬局・薬剤師をめぐる環境は激変しました。その内容と現場への影響をレポートしたこの記事は、日本の薬局・薬剤師の今後を考える上で、とても参考になると思います。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:104
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:411
  5. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1757
  6. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:314
  8. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:65
  9. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:7