2004.11.04

【ピックアップ】日本の小児の高血圧判定基準、現実にそぐわない可能性

 高血圧治療ガイドライン2000年版による日本人小児の高血圧判定基準(表)は、現実にそぐわないとする発表があった。10月の日本高血圧学会で、新潟大学の菊池透氏が一般口演で報告した。



 判定基準は「既知の報告平均値+2SD」に基づいて作成されているため、2から3%は高血圧と判定されることが予測されている。しかし、実際に高血圧と判定されるのは1%前後しかないという。また、小児期の血圧は年齢に相関するにもかかわらず、現在の判定基準では、小学校低学年(1〜3年)、小学校高学年(4〜6年)、中学校(1〜3年)の各年齢層でそれぞれ同じ基準値となっており、年齢との相関を考慮したものになっていない。

 そこで菊池氏らの研究グループは、血圧健診のデータをもとに、こうした判定基準の問題点を検証した。

 対象は、新潟県見附市の「いきいき健康づくり事業」の一環として行われた血圧健診の受診者で、小学生4375人(男子2156人、女子2219人)、中学生1905人(男子903人、女子1002人)。

 血圧は、右上腕周囲長を計測し、その40%以上の幅のカフを使ってDianmap型自動血圧計で測定した。座位で3回連続で測定し3回目を記録した。

 分析では、男女別学年ごとに90パーセンタイル値、+2SD値を算出し、現在の基準値と比較検討した。同時に、現在の基準値で判定した正常高値血圧、高血圧の頻度を計算した。



 その結果、90パーセンタイル値、+2SD値ともに、低学年ほど判定基準より低い傾向がうかがわれた(表)。同一の基準値である学年をみても、低学年ほど基準との差が大きかった。

 これらの結果から研究グループは、「学年ごとの基準値の作成など、判定基準の再検討が必要」と結論付けた。(三和護)




Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:162
  2. 病像の変化で糖尿病腎症から糖尿病性腎臓病に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《5》 FBシェア数:177
  3. 五輪でドーピング…主訴「薬を盛られた?」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:119
  5. 外科医の寿命を延ばすロボット手術が保険適用に 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:166
  6. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:72
  7. 一過性の意識消失で救急搬送された80歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  8. 肝臓癌で余命半年と宣告された認知症患者 短期集中連載◎重度の認知症患者を診るということ(3) FBシェア数:36
  9. 血糖管理は点から線へ、FGMで変動を調べよ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《6》 FBシェア数:36
  10. 主な癌の5年生存率を国際比較 Lancet誌から FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正