2004.11.03

仏と豪がたばこ規制枠組み条約を批准、発効まであと6カ国

 世界保健機関(WHO)が2004年5月の総会で採択し、国際条約化を目指している「たばこ規制枠組み条約」(FCTC:Framework Convention on Tobacco Control)は、WHO加盟国の8割を超える168カ国の署名を得ているが、国際条約として発効し、強制力を発揮するためには40カ国の批准、または相当の国内承認を必要とする。

 WHOは2004年6月29日まで署名を受け付けてきたが、その時点までに批准したのは23カ国に過ぎなかった。しかも、先進国で批准したのは、シンガポール、ノルウェー、ニュージーランド、アイスランド、そして日本の5カ国のみ。米国、英国、そしてEU加盟国は1国も批准していなかった。

 その後、散発的に批准国は増え、11月3日現在では34カ国。あと6カ国を残すだけになった。10月に入ってEU加盟国としては初めてフランスが批准、さらにオーストラリアも批准国に加わった。しかし、世界のたばこ産業最大手を擁する米国と英国、最大のたばこ消費国となった中国はまだ批准していない。FCTCが実質的な強制力を持つためには、こうした国々や経済力を持つ先進国の積極的な関与が不可欠となるだろう。

 FCTCの署名、批准の最新状況についてはWHOのWebサイトで確認できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 90歳女性。内視鏡検査中の急な心停止 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:24
  2. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:85
  3. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  4. 救急病院が勤務医による在宅医療を重視する理由 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《1》 FBシェア数:266
  5. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:2
  6. 早期退院促す国策に追い込まれ…赤字の危機に 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:49
  7. 胸を手で押さえた後に生じた<一過性意識消失> 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:76
  8. 論文を正しく読むのはけっこう難しい NMO STORE レビュー FBシェア数:1
  9. 焦ると大声が出る院長、パワハラ加害者に? 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:47
  10. エクアの便秘ではアレを疑え!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:31
医師と医学研究者におすすめの英文校正