2004.11.03

仏と豪がたばこ規制枠組み条約を批准、発効まであと6カ国

 世界保健機関(WHO)が2004年5月の総会で採択し、国際条約化を目指している「たばこ規制枠組み条約」(FCTC:Framework Convention on Tobacco Control)は、WHO加盟国の8割を超える168カ国の署名を得ているが、国際条約として発効し、強制力を発揮するためには40カ国の批准、または相当の国内承認を必要とする。

 WHOは2004年6月29日まで署名を受け付けてきたが、その時点までに批准したのは23カ国に過ぎなかった。しかも、先進国で批准したのは、シンガポール、ノルウェー、ニュージーランド、アイスランド、そして日本の5カ国のみ。米国、英国、そしてEU加盟国は1国も批准していなかった。

 その後、散発的に批准国は増え、11月3日現在では34カ国。あと6カ国を残すだけになった。10月に入ってEU加盟国としては初めてフランスが批准、さらにオーストラリアも批准国に加わった。しかし、世界のたばこ産業最大手を擁する米国と英国、最大のたばこ消費国となった中国はまだ批准していない。FCTCが実質的な強制力を持つためには、こうした国々や経済力を持つ先進国の積極的な関与が不可欠となるだろう。

 FCTCの署名、批准の最新状況についてはWHOのWebサイトで確認できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2