2004.11.02

医療の安全に関する研究会、「これでいいのか、今の医療」のテーマで第9回研究大会

 医療の安全に関する研究会は12月4日、「これでいいのか、今の医療」のテーマで第9回研究大会を開催する。介護保険制度が始動して4年が過ぎ、在宅ケアが拡大する中で、さまざまな問題が見え隠れしている。それらの状況を、医療の質と安全の面から、改めて客観的に見据えようというのが今大会の主眼となる。

 主なプログラムは、以下の通り(敬称略)。
 ・大会長講演;「安全を生み出すもの〜アクション・スタントマンからの学び」、村松静子(在宅看護研究センター)
 ・特別講演;「遷延性意識障害からの目覚め、看護実践に潜む安全の礎」、紙屋克子(筑波大学大学院人間総合科学研究科:看護科学系)
 ・医療の安全に関する川柳募集〜薬剤編;選者:大木俊秀(NHK学園)
 ・実情報告&特別発言「施設から在宅へ、今抱える問題を打破するために」、町屋千鶴子(東京女子医大第二病院 在宅看護エキスパートナース)、鈴木紀子(日本在宅看護システム有限会社)、萩生田千津子(車椅子の女優)
 ・全体討論会;今日のテーマ「これでいいのか、今の医療」を語る〜施設から在宅へ、医療の安全を見据えて〜

 日時は、12月4日(土)10:00〜16:30。場所は、野口記念会館 (東京都新宿区大京町26番地(アクセスマップ

 参加費は、一般2000円、学生1000円。事前申し込みが必要(郵便振替、口座番号:00870-7-104540 名義:医療の安全に関する研究会に参加費を支払う。その後「参加証」が送られてくる。当日参加も可能)。

 申し込み・問い合わせは、医療の安全に関する研究会(名古屋市東区泉1−1−35 ハイエスト久屋6階センター気付け、TEL052-951-3931、FAX052-951-3932)まで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で中小病院を「優遇」…病床減らす? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  2. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:246
  3. 46歳男性。皮下硬結を伴う褐色斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 専門医の更新は?メスを置いた後でもOK? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-2》 FBシェア数:14
  5. 「透析中の精神疾患は見捨てる」で良いのですか その死に誰が寄り添うか−精神科単科病院にて FBシェア数:27
  6. 糖尿病治療のEvidence-Based Med… 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:81
  7. 搬送された「意識障害」の年齢別原因と転帰 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:16
  8. 7%の減量で本当に脂肪肝が治るか検証してみた 記者の眼 FBシェア数:155
  9. 入局せずPhDも取らなかった12年目消化器外科医… 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:125
  10. IBSの病態自覚を促すアプリを作りました 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:79
医師と医学研究者におすすめの英文校正