2004.11.02

武田薬品、便秘型過敏性腸症候群治療薬の北米販売権を取得

 武田薬品工業は11月1日、米Sucampo Pharmaceutical社が創製した機能性便秘と便秘型過敏性腸症候群治療薬「ルビプロストン」(一般名)の北米における販売権についてのライセンス契約を10月29日付けで締結したと発表した。

 ルビプロストンは腸液の分泌を促すことで機能性便秘と便秘型過敏性腸症候群の症状を改善する経口治療薬で、米国では、機能性便秘については第3相臨床試験を終了して米食品医薬品局(FDA)に対する承認申請の準備を進めている。便秘型過敏性腸症候群については、第2相臨床試験を終了し、近く第3相臨床試験に進む

 今回の契約で武田薬品工業は、Sucampo社に対し、契約一時金のほか、開発の段階に応じて支払うマイルストン金、開発費用の一部、発売後の売り上げに応じたロイヤルティを支払う。すべての条件を満たした場合の最大支払額は2億1000万ドルになる。

 武田薬品工業のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3