2004.11.02

武田薬品、便秘型過敏性腸症候群治療薬の北米販売権を取得

 武田薬品工業は11月1日、米Sucampo Pharmaceutical社が創製した機能性便秘と便秘型過敏性腸症候群治療薬「ルビプロストン」(一般名)の北米における販売権についてのライセンス契約を10月29日付けで締結したと発表した。

 ルビプロストンは腸液の分泌を促すことで機能性便秘と便秘型過敏性腸症候群の症状を改善する経口治療薬で、米国では、機能性便秘については第3相臨床試験を終了して米食品医薬品局(FDA)に対する承認申請の準備を進めている。便秘型過敏性腸症候群については、第2相臨床試験を終了し、近く第3相臨床試験に進む

 今回の契約で武田薬品工業は、Sucampo社に対し、契約一時金のほか、開発の段階に応じて支払うマイルストン金、開発費用の一部、発売後の売り上げに応じたロイヤルティを支払う。すべての条件を満たした場合の最大支払額は2億1000万ドルになる。

 武田薬品工業のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13