2004.11.01

Pharmaceutical Executive:200億ドルをうかがう米国の医薬品マーケティング費(上)

 米国の製薬業界のマーケティング費は、2003年には200億ドル(約2兆1000億円)を目前とするところにまで達している。膨張傾向は止まらず、対策は後手に回っている感がある。その中で近年、DTC(一般消費者向け)広告に注目が集まっている。

 しかし、今でもマーケティング費の多くを占めるのは、水面下で行われるディテーリングとサンプリングの費用である。「超大型薬の売り込みに、業界全体でMRを9万人以上も抱え込んでいる」。市場調査会社のNOPワールドの販促部門を統括するモーリン・マックローリン氏は、こう指摘する。

 しかし、その効果のほどは定かではなく、各社ともMRの削減を検討しているという。

 現時点でMR減らしに踏み切る企業は現れておらず、ディテーリングとサンプリングの費用は増加し続けている。マーケティング費に占めるこれらの費用の割合は、過去5年間は14%超の水準で推移していたが、この1年半に20%近くにまで膨れ上がった(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3