2004.11.01

Pharmaceutical Executive:200億ドルをうかがう米国の医薬品マーケティング費(上)

 米国の製薬業界のマーケティング費は、2003年には200億ドル(約2兆1000億円)を目前とするところにまで達している。膨張傾向は止まらず、対策は後手に回っている感がある。その中で近年、DTC(一般消費者向け)広告に注目が集まっている。

 しかし、今でもマーケティング費の多くを占めるのは、水面下で行われるディテーリングとサンプリングの費用である。「超大型薬の売り込みに、業界全体でMRを9万人以上も抱え込んでいる」。市場調査会社のNOPワールドの販促部門を統括するモーリン・マックローリン氏は、こう指摘する。

 しかし、その効果のほどは定かではなく、各社ともMRの削減を検討しているという。

 現時点でMR減らしに踏み切る企業は現れておらず、ディテーリングとサンプリングの費用は増加し続けている。マーケティング費に占めるこれらの費用の割合は、過去5年間は14%超の水準で推移していたが、この1年半に20%近くにまで膨れ上がった(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:142
  2. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」 FBシェア数:565
  3. 院長を落胆させた「即戦力新人」の仕事ぶり 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:2
  4. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  5. 米国医療に憧れる君へ 愛のハリセン FBシェア数:129
  6. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:69
  7. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:322
  8. その点滴を止めろ! DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:15
  9. 「誇大広告」とはいったい何だったのか? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  10. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0