2004.11.01

Pharmaceutical Executive:200億ドルをうかがう米国の医薬品マーケティング費(上)

 米国の製薬業界のマーケティング費は、2003年には200億ドル(約2兆1000億円)を目前とするところにまで達している。膨張傾向は止まらず、対策は後手に回っている感がある。その中で近年、DTC(一般消費者向け)広告に注目が集まっている。

 しかし、今でもマーケティング費の多くを占めるのは、水面下で行われるディテーリングとサンプリングの費用である。「超大型薬の売り込みに、業界全体でMRを9万人以上も抱え込んでいる」。市場調査会社のNOPワールドの販促部門を統括するモーリン・マックローリン氏は、こう指摘する。

 しかし、その効果のほどは定かではなく、各社ともMRの削減を検討しているという。

 現時点でMR減らしに踏み切る企業は現れておらず、ディテーリングとサンプリングの費用は増加し続けている。マーケティング費に占めるこれらの費用の割合は、過去5年間は14%超の水準で推移していたが、この1年半に20%近くにまで膨れ上がった(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449